OFFICE CATALOG Vol.72 2022 62-63(88-89)

検索結果

  1. ICTツール
  2. MeeTap
  3. ICTツール
  4. HDコム
  1. 62
  2. 63

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7262ICTツール01LANハブIR無線APwebカメラ会議室事業所内MeeTap機器(必須)ゲートウェイMeeTapクラウドサーバMeeTap機器(オプション)LAN-IRコンバータ操作用タブレットWi-Fiディスプレイクラウド型会議支援システム MeeTap[ミータップ]「MeeTap(ミータップ)」は、複雑な会議室のICTシステムをタブレット端末からワンタップで操作するクラウドサービスです。会議の準備や操作の問い合わせにかかる無駄な時間を減らし、会議のスピードアップに貢献します。■制御仕様操作端末(利用者用)iPhone、iPad(Safari)、WindowsPC(Edge、Chrome)操作端末(管理者用)WindowsPC(Edge、Chrome)映像入力スイッチャー利用の場合、4系統まで映像出力スイッチャー利用の場合、2系統まで映像機器制御電源ON/OFF、入力切替、映像ミュートビデオ会議制御PolycomRealPresence、SONYPCS、PanasonicHDコム、CISCOSXに対応カメラのプリセット呼び出しAverInformation製カメラに対応スクリーン制御接点制御管理機能一覧表示、主電源制御、操作履歴表示、スケジュール制御■機器構成図■会議でよく使う機器類のセッティングをワンタップで起動。会議でよく使う機器のセットをプリセットしておけば、アイコンをタップするだけで自動的に機器を起動します。■複雑な多拠点TV会議接続もワンタップだけ。登録された接続先や会議の名称をワンタップするだけで、すぐに相手先に接続し、会議を始めることができます。■難しいリモコン操作は不要、ワンタップだけ。会議で使用する入力ソースのアイコンをタップするだけで、機器の切り替えを行います。管理者向け機能利用者向け機能一元的な状態監視、制御が可能です。不具合が発生した際には、遠隔操作で素早く対応できます。アイコンをワンタップするだけで、機器の制御が可能です。会議の準備・片付けの時間を短縮できます。❹❷❸❶❶会議室の一覧表示導入会議室の機器の状態を一覧表示できます。❷遠隔操作会議室ごとのAV機器を個別に操作することができます。❸一括電源ON/OFFすべての会議室の主電源を一括でOFFすることができます。❹プロジェクターランプ使用状況の確認会議室内のプロジェクターのランプ使用時間を取得して、ランプの寿命に合わせて表示を切り替えます。フロアや会議室ごとに行う操作をスケジュール設定で一括制御可能です。操作履歴をグラフ表示やログデータとして出力できます。会議室の機器の利用状況を把握できます。電源投入・入力切替会議で使用する入力ソースのアイコンをタップするだけで、機器の電源ONと切り替えを行います。webカメラのプリセット呼び出しwebカメラのプリセットにわかりやすい名称を付け、ワンタップでプリセットされたカメラの位置に切り替えることができます。終了ワンタップで機器の正常終了を行います。ICT機器をワンタップ操作、会議のスピードアップ!WEBGO商品サイトICT機器をワンタップ操作、会議のスピードアップ
右ページから抽出された内容
63ICTツール01本体だけで最大24地点の多地点ビデオ会議が可能です。マルチデバイスに対応し、時間や場所にとらわれないビジュアルコミュニケーションが実現できます。また、社内外を同時につないだビデオ会議も簡単に設定できます。マルチデバイス対応で多地点接続1Web会議をHDコムの1拠点として接続することで、お互いの参加者の映像や資料を確認しながら、会議ができます。❶HDコムとWeb会議間の双方向映像・音声コミュニケーションを実現Web会議用のパソコンをHDMI/USBケーブルでつなぐだけでHDコムの1拠点として接続できます。❷Web会議のパソコンにHDMI/USBケーブルをつなぐだけの簡単接続電源を入れてから約45秒で起動します。また、電源入/切は、本体の電源スイッチを使わなくても、スイッチ付のテーブルタップの電源スイッチからでも可能です。素早い起動で速やかにビデオ会議が可能2無償でファームウェアをバージョンアップでき、新しい機能をご利用いただけます。不具合が発生した場合でも保守サービスをご準備しております。無償バージョンアップ・全国保守サービス対応3ビデオ会議の内容をHDコム本体に接続したUSBメモリで録画できます。また、録画された映像データはパソコン上で再生でき、HDコムを通じて複数の拠点で共有することができます。会議内容を録画・共有可能4遠隔会議システム HDコム■HDコム VC2000J/VC1600J/VC1300J主な仕様VC2000JVC1600JVC1300J端末方式IETFSIP、ITU-TH.323画像圧縮方式H.261(メインストリームのみ)、H.263、H.263+、H.263++(受信のみ)、H.264HighProfile、H.264BaselineProfile音声符号化方式G.711μ-law/A-law、G.722、G.722.1、G.722.1AnnexC、MPEG-4AAC-LD遠隔カメラコントロールH.224、H.281(ズーム/パン/チルト/プリセット)デュアルストリームH.239(H.323)、BFCP(SIP)暗号化SRTP(AES128‐bit)、H.235(AES128‐bit)通信速度256kbps∼24Mbps256kbps∼18Mbps対応解像度・フレーム数最大1920×1080p・60フレーム/秒画面表示フルスクリーン、PinP、PwithP、SidebySide入出力端子映像入力カメラ:HDMIメイン×1、HDMIサブ×1  パソコン:HDMI×1、RGB×1映像出力HDMI×2、HDMI×1(自拠点/録画用)、RCA×1(コンポーネント)HDMI×2音声入力専用デジタルマイク×1(KX‐VCA001)最大4台、専用アナログマイク×1(KX‐VCA002)最大1台、HDMI、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)音声出力HDMI×1、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)ネットワークRJ45×2(1000BASE-T)RJ45×2(100BASE-TX)RJ45×1(100BASE-TX)外部制御RS-232C×1(メンテナンス用兼用)同時接続地点数16地点(24地点まで拡張可)6地点(10地点まで拡張可)4地点コンテンツ共有PC(RGB/HDMI)、サブカメラ(HDMIサブ)外部制御Webブラウザ経由/HTTPCGIでの制御、TELNET、RS-232C接続モード標準モード、つながるねっとサービスモード、標準・つながるねっとサービスモード高画質と高音質で最大24地点の多地点ビデオ会議を実現!*3極ステレオミニプラグ専用です。■ディスプレイスタンドを使用した設置例HDコムの最上位モデルでは、内蔵するMCU機能を用いて、最大24地点の多地点ビデオ会議を開催できます。社内イントラネットの接続や社外とのインターネットを通じた接続も可能です。外出先からモバイル機器を使って参加もできるので、時間や場所にしばられないビジュアルコミュニケーションを実現します。■HDコムビデオ会議システムHDコムとWeb会議を混在した遠隔会議環境を実現することができます。接続できるWeb会議を選ばず、コストを抑えて映像・音声と資料を用いた双方向の会議が可能です。HDコムの特長支店AHDコムでのビデオ会議Web会議Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス(KX-VCG100J)USBLANHDMI支店B自宅出張先本社イントラネットVPNWeb会議サービスWeb会議Web会議Web会議Web会議Web会議Web会議Web会議Web会議品 名税抜価格KX-VC2000Jオープン価格KX-VC1600Jオープン価格KX-VC1300Jオープン価格ÅÇıビデオ会議システムHDコムとWeb会議の連携Å16地点(最大24地点)接続のトリプルモニター対応の最上位モデルÇ4地点接続のデュアルモニター対応モデルı6地点(最大10地点)接続のトリプルモニター対応モデル*KX-VC1600Jの場合

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。