OFFICE CATALOG Vol.72 2022 4-5(6-7)

検索結果

  1. 巻頭
  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
オフィスワークWORKINTHEOFFICEこれからの執務エリアは、ワーカーの状況や働き方に応じて、フレキシブルな使い方やレイアウトができる必要があります。ソロワークSOLOWORK集中した作業や、リモート会議に適した環境、または気分を変えて働く居場所としての、「ひとり」のあり方。コラボレーションCOLLABORATION少なくなって初めて気付いた、FacetoFaceの重要性。フレキシブルな機能性を付加した、これからのオフィスに必要な場をつくります。ワークシーンを構成する、7つのエリア。UCHIDAOFFICEcatalogVol.724
右ページから抽出された内容
会議MEETING会議規模、目的に合わせたICTシステムの選択、ネットワークとの融合。これからの会議の話をしてみませんか。リモートコミュニケーションREMOTECOMMUNICATIONハイブリッドな働き方を体現する、リアルとオンラインが溶け込んだ働き方で、チームワークは以前よりも加速されていきます。マグネットMAGNET機能と居心地の良さが一体となった場。偶発から生まれる出会いや情報は、時には何にも変えがたい価値となります。ラウンジLOUNGE居心地がいいから、人が集い、そして情報も集まっていく。これからのセンターオフィスの起点はここになります。5

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。