教育施設総合カタログ 2020-2021 506-507(508-509)

検索結果

  1. 保育
  1. 506
  2. 507

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
506椅子・クッションSTシリーズ保育園用下足箱ジャンル特集保育www.uchida.co.jp/educationEducationalFacility12保育室プラン例Childcare事例5すべての角に丸みを。扉に掲示もOK。子供たちの安全性を第一に考え、家具のエッジはソフトフォーム加工によって丸みのある形状に。また、掲示物の貼り替えを繰り返しても表面が剥がれることのない表面材を使用してます。4移動可能で、耐震性も万全。一見、通常の家具のように見える可動式家具の脚部には、安全性に配慮したストッパー付きのキャスターを採用。さらに、普段は幅木でカバーすることで耐震性も増し、見た目の美しさにも配慮しています。保育ChildcareEducationalSpacePlan123451外からも、中からも出し入れできる。子供の衣類やタオルなどは、保護者が部屋の外側からロッカーに入れ、保育士が内側から取り出せる設計に。登園の集中する朝でも、スムーズに出し入れができます。「それぞれの園の個性に応える」「使いやすさと安全性への配慮」ウチダのユニボード家具には、が細部にまで散りばめられています。2安心して置ける、数センチの工夫。家具の上部には、滑り落ちを防止できるように立ち上がりのフチを付けて安全性に配慮。小物遊具や給食を仮置きしたり、お知らせを掲示したりと何かと重宝します。3小さな子供は×、大きな子供は○。ロッカーの取手は、円い穴。手を入れてロックを解除すると開く仕組みになっています。小さな子供は開けられなくても、大人の話を理解できるくらいの大きな子供なら開けられるように配慮しました。
右ページから抽出された内容
507保育園用下足箱保育室プラン例STシリーズジャンル特集保育EducationalFacility12椅子・クッションChildcare※いずれも運賃・荷造費、設置工事費、設備工事費は別途です。事例78910111213146横長のキーボードにも、ぴったりサイズ。収納場所に困る横長のキーボードもしっかり保管。ほこりやいたずらから守れます。9コートかけから学ぶ、“お片づけ”。3∼5歳児の部屋には、自分で片づける習慣がつけられるよう、コートかけを部屋の中に設置しました。7重いものも、スイスイお片づけ。棚下にスペースを設けることで、家具やキャスター付きの玩具などをラクに片づけることが可能です。10みんなの靴を、すっきり収納。エントランスには、保育士用、保護者用、園児用に分けられたたっぷりの下駄箱収納を設置。おかげで、エントランスはいつもすっきりしています。8一人ひとりの物を、しっかり収納。ネームプレート付きの個人用収納棚。オムツや衣類、タオルなど、それぞれの持ち物をわかりやすく収納しておけます。11保護者にやさしい、廊下収納。0∼2歳児の廊下には、コートかけとともに、保護者の荷物や予備の衣類・オムツなどを収納できるロッカーを設置しました。13地震のときにも、安心の設計。上部の棚には、耐震ラッチを採用。震度4以上の揺れを感じると、扉が開かなくなる安全設計です。14安全性にも使い勝手にも、こだわる。ロッカーの扉をたおせば、ちょっとした作業スペースとしても活用できる仕組み。また、扉のすき間に手を入れて開けることで、手をはさむなどの事故を防止します。12保育士の場所も、しっかりキープ。保育士用の天板折りたたみ式ライティングデスクも壁面収納の一部にして、各部屋に設置。たためば書類などにいたずらされることもありません。6

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。