教育施設総合カタログ 2020-2021 16-17(18-19)

検索結果

  1. 特集
  1. 16
  2. 17

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
16EducationalFacilitywww.uchida.co.jp/education子供の未来のために教育施設特集フューチャークラスルームICT機器の導入により、学びの場は確実に進化しています。共有(学び合い)共有(グループ学習)個別学習発表現在の授業では、固定されたテーブルに着いて一方的に話を聞く学習ばかりではなく、最新のICT機器を用いた授業や、PBL※などのグループ単位で能動的に活動するような授業が増えてきています。そういった授業の中では、通常の「講義(レクチュア)」から、グループごとに分かれて活動する「グループワーク」、成果を共有・発表する「プレゼンテーション」や「ふりかえり」といった場面の転換が必要不可欠です。それぞれのシーンにマッチした空間セッティングへの変換が、スムーズかつクイックに実現できるこれからの教室、それが「FutureClassRoom®〈フューチャークラスルーム〉」の考え方です。※PBL(ProjectBasedLearning):授業形態の一つで「課題解決型授業」のこと。FutureClassRoom®
右ページから抽出された内容
17※いずれも運賃・荷造費、設置工事費、設備工事費は別途です。教育施設特集子供の未来のためにEducationalFacilityフューチャークラスルーム学習者が主体的・能動的に学習に取り組む新しい学習スタイル。それを実現するため、目的に合わせて変化するフレキシブルな空間。教員と学習者のインタラクティブな関係を支援するICT機器が実装された「未来の学習空間」をご紹介します。●授業支援システム(フューチャークラスルーム対応)/●Codemari〈コデマリ〉/●LED照明設置されているICT機器等●電子黒板●無線画像伝送wivia●実物投影機(教材提示装置)●発表板(アクティブボード)●マルチプロジェクション部屋の前後のホワイトボード面を電子黒板化したことでマルチコンテンツでの提示・操作・書き込みが可能です。プロジェクターや大型モニタにパソコンの画面を無線LANで高速に伝送します。手持ちの資料や教材を画面で共有するために必須な装置です。教科書等の文字も鮮明に提示でき、その提示画面を拡大したり、保存をすることができます。書く、発表する、議論するなど様々なシーンで活用できるグループ発表用ボードです。●ノートPC充電保管庫●タブレットPC充電保管庫●EduClickHE●IT教卓●タブレットカート●nodeチェア●commune●FM-265授業形態に合わせて柔軟に対応できるファニチュアを用意。スムーズな運用をサポートします。複数のプロジェクターを装備し、簡単に切替えて利用できます。一斉授業、グループワークなど学習シーンに応じた使い分けができます。複数台のタブレットPCを充電しながら施錠保管可能。大型ハンドル・キャスターにて安定走行。学生がリモコンを使って、webから授業に参加する新しい授業支援システムです。ICT機器の使用も想定したキャスター付き教卓と、可動性の高い簡易プレゼンテーション台です。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。