OFFICE CATALOG Vol.71 2021 74-75(76-77)

検索結果

  1. ICTツール
  2. Multi Visual Controller
  3. ICTツール
  4. エナジーウォール
  1. 74
  2. 75

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7174ICTツール01ネットワーク・ブラズマディスプレイ・TFT液晶ディスプレイHUBビューワーLANHDMIHDMIHDMI■一般向け・高度利用者向け■利用シーン直感的な操作で思いのままのレイアウトが可能です。ネットワークで一括管理を行います。デジタルサイネージシステムMultiVisualController用途に合わせて最適なシステム構築が可能。多彩なコンテンツを活用できるデジタルサイネージシステム。MultiVisualControllerは、効果的な情報をタイムリーに配信できるデジタルサイネージシステムです。簡易なスタンドアローンからさまざまなカスタマイズ、外部情報連携、クライアントサーバー対応までを構築できるので、店舗や受付などで企業PRに使用するのはもちろん、基幹システムと連動した掲示板として、社内外の情報共有にも役立ちます。■主な連動システム■コンテンツ登録用ソフト画面■基本システム構成■さまざまなコンテンツを自由なレイアウトで表示配信したいコンテンツに合わせてレイアウトを選択・作成することができます。通常のサイネージコンテンツ(動画・静止画)のみならず、ポスターやチラシなど印刷物として作成したコンテンツも、静止画コンテンツとして取り込んで、サイネージ表示を行うことができます。■ユーザー様のニーズに合わせた機能追加が可能既存の業務基幹システムなどと連動し、情報の取込・データ抽出・表示を自動で行えるようにカスタマイズすることが可能です。緊急地震速報受信装置や施設内火報、さらにJ-ALERTなど緊急系システムとの連動も可能です。■マルチユーザー運用に最適サーバー&クライアント方式を採用しているので、コンテンツの管理用PCが複数存在する場合でもスムーズに登録・管理作業を行うことができます。デジタルサイネージシステムの特長緊急地震速報J-ALERT情報施設内火報システム工場内生産ラインシステムの稼働状況その他太陽光システムや使用電力量システム、有料RSSニュース、外部CSVテキストデータ、他システムデータベースなど企業向け▶社員向け情報の「見せる化」に!※すべての設置において、緊急情報(TVやニュースなど)の表示に対応しています。消防庁緊急地震速報消防庁内閣府/気象庁火災情報社内掲示板基幹系情報表示SNS情報表示行き先案内表示などオフィス安全情報生産ライン稼働状況表示見学コース情報表示など工場メニュー表示残数表示など食堂商品サイトWEBGO受注品New
右ページから抽出された内容
75※価格は税抜き本体価格です。受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。ICTツール01デジタルサイネージアプリケーションエナジーウォールエナジーウォールオープン価格すでに発信されている情報※1をもとに、手間なく画面のコンテンツを最新情報に更新できるデジタルサイネージアプリケーションです。たくさんのコンテンツを同時に表示できる独自のシステムなので、会社や学校など組織のエネルギーが伝わります。タッチしてコンテンツの詳細画面を確認したり、良いと思ったコンテンツに投票したりできる仕組みがあるので、コンテンツが見られた回数や人気度など、発信側にも利用状況がフィードバックされるシステムです。社内情報共有としてエントランスやショールームで■採用事例日本航空様成田事業所事業所内のカフェテラスに設置。インターネット上のさまざまな情報をリアルタイムに収集し表示しています。■対応ファイル形式画像ファイルjpg、png動画ファイルmp4スライドppt、pptx、pdfテキストtxt※表示されるコンテンツのファイルの合計サイズが3GB以下になるようにしてください。※2020年10月現在※仕様は予告なく変更になる可能性があります。■画面デザイン例コンテンツ枠のレイアウトや背景のデザインは導入時に承ります。枠数や配置の変更、背景の変更などはお気軽にご用命ください。コンテンツ枠を柔軟に配置して、背景と一体化。パターン2投票によるランキング表示。パターン3■新機能コンテンツが自動的に流れていくタイプの画面インターフェースがリリースされました。これまでにない画面の動きで、より興味づけすることができます。動画再生に特化した画面機能ができました。待ち受け時は指定した動画を自動再生していますが、タッチ操作で見たい動画を再生させることができます。スクロールタイプムービー再生タイプ■機器構成例■コンテンツ更新方法表示端末1台のみの場合エナジーウォールサーバ表示クライアントHDMI/DVIUSBタッチパネルモニター表示端末が複数台の場合エナジーウォールサーバ兼表示クライアントLANタッチパネルモニター表示クライアントクラウドサービスご利用の場合クラウドサーバインターネットタッチパネルモニター表示クライアントファイルコピーSNS投稿ファイルサーバ兼サイネージ表示エナジーウォールサーバ(システム)(ユーザー様)(システム)表示したいコンテンツを、ファイルサーバにアップロードもしくはSNSに投稿します。コンテンツをエナジーウォールが自動変換します。一定時間経過後に表示されます。123※1SNSやグループウェアなどに発信している情報を対象にします。標準で連携できるシステムについてなど、詳細は当社担当営業までお問い合わせください。エナジーウォールの特長■難しい管理ソフトを使いこなさなくても大丈夫!■コンテンツ更新の手間がかかりません!■ブランディングにも大きく寄与します!■LANが繋がっていない拠点間でもデータを共有できます!データを更新するには、画像や動画、PowerPointやPDFファイルを決められたフォルダにコピーします。最新ニュースやSNS、天気予報などの情報はリアルタイムでコンテンツに変換します。イベント開催時など普段と使い方を変えたいときは、1クリックで画面のレイアウトを変更できます。クラウドサービスでもご利用可能です。導入事例WEBGOたくさんのコンテンツを一度に表示。パターン1受注品

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。