OFFICE CATALOG Vol.71 2021 68-69(70-71)

検索結果

  1. ICTツール
  2. moreNOTE/モバイル会議
  3. ICTツール
  4. 会議室予約管理システムとは
  1. 68
  2. 69

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7168ICTツール01専用のWi-FiへアクセスmoreNOTE会議パックmoreNOTEサーバ社内ネットワーク社内Wi-Fi環境でアクセスペーパーレスシステムmoreNOTE[モアノート]moreNOTEは、タブレットやPCで、あらゆる資料を安心・安全・簡単に持ち出し活用できるペーパーレスシステムです。累計導入数3,300社以上!業界シェアNo.1※簡単でセキュアなペーパーレスシステム※ITR「ITRMarketView:ユニファイド・エンドポイント管理市場2019」                                 会議向けモバイルコンテンツ管理市場:製品別売上金額シェア(2017∼2019年度予測)による。●最短でお申込当日に利用可能●外出先でも使用可能●サーバの管理/運用が不要●社内にサーバを設置●ユーザー数が多い場合、長期的な運用コストが安価●25名・50名での利用●サーバやネットワークも一式でご提供●ランニングコストが不要※価格は使用OS・ライセンス数・オプションなどにより変化します。詳しくはお問い合わせください。※クラウド版は初期費用に加え月額費用が発生します。※無料トライアル(1カ月間)もご用意しております。   詳しくはお問い合わせください。ペーパーレス会議システムモバイル会議受注品各会議参加者の端末から仮想の会議室にログインするだけで、資料が閲覧できるペーパーレス会議システム。「シンプルな操作性」、「十分なセキュリティ」、「システムの安定性」で、高い評価を得ています。資料をサーバにアップロードするだけ。印刷の手間・用紙代などが軽減され、業務効率化とコスト削減につながります。業務効率化とコスト削減4メモや資料の保存、制御が可能5メモや保存は、会議や資料ごとに利用を制御でき、重要な資料を端末に残させない使い方もできます。メモ機能保存機能iPadとWindows端末の混在した端末環境で会議が可能です。既存端末の活用で設備投資の抑制6TV会議などを用いた遠隔地会議で、リアルタイムに同じページを参照しながら会議を行えます。遠隔地でも同じ資料を共有1会議で使用した資料が自動消去されるので、資料の置き忘れや紛失などによる情報漏えいを防ぐことができます。資料の情報漏えいを防止2配布資料の管理に注意が必要だった・書類の置き忘れ・紛失による情報漏えいモバイル会議を導入し、セキュリティ向上!資料配付をしなくなったため、書類管理の問題が解決。簡単な操作性3ホスト(親機)の操作がゲスト(子機)に反映されます。操作性の良さにより会議主催者・参加者双方の負担を軽減します。ページ移動拡大・縮小ホスト(親機)の操作がゲスト(子機)に反映されます。moreNOTEが選ばれる理由パスワードの流出や端末の紛失などのリスクに備えた機能を搭載しています。アップロードも簡単簡単操作で画面同期簡単操作で画面同期を使った会議が実施可能。円滑な会議運営を支援します。ドラッグ&ドロップで簡単にアップロードすることができます。Officeも編集可能Office文書の閲覧、編集可能。外出時の業務ツールとしても活用できます。ログで活動分析閲覧ログの収集で、「資料の未読・既読確認」「営業活動の分析」に活用できます。多様なワークスタイルに活用できる機能を搭載しています。簡単なのに多機能2フリーダイヤルおよび電子メール●操作方法のご案内●各機能のご説明/ご不明点のご案内●ご利用中のトラブル全般についてサポートセンターカスタマーサクセスチーム電子メール●運用方法についてのご提案/ご相談●さまざまな活用方法や事例の共有●契約に関する問い合わせ、追加のお申し込み2つのチームが、お客様のmoreNOTE導入をしっかりサポートします。充実のサポート3閲覧時間・権限設定リモートワイプ・なりすましログイン防止端末認証資料の暗号化セキュリティ1■モバイル会議の特長クラウド版各種タブレットやスマートフォンだけでなく、PCにも対応。混在での使用も可能です。Windows10iOSAndroidスタンドアローン版moreNOTEサーバファイルを登録ダウンロードファイル閲覧オンプレミス版■選べる3つのプラン■マルチデバイスに対応[富士ソフト製]最大登録ユーザーID数100ID同時接続端末台数30台会議室数20室1会議室あたりの登録可能ファイル数50ファイル※個別対応(有償)により、拡張することができます。■標準仕様※参加者端末は別途ご用意ください。※別途諸費用が発生する場合があります。※標準仕様以外やクラウド型サービスについては、お問い合わせください。■サーバタイプは3種類注文番号品 名税抜価格4-850-5201モバイル会議3タワー型サーバオープン価格4-850-5202モバイル会議3ラックマウント型サーバオープン価格4-850-5203モバイル会議3ノートPC型サーバオープン価格[NRIネットコム製]
右ページから抽出された内容
69受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。ICTツール01※予約開始時間から一定時間経過しても入室されない場合、予約された会議を自動的にスケジュールからキャンセル。(弊社施設面積DB調べ)会議室予約管理システムとは会議室予約に関する課題企業の施設では、全体面積の約30%以上が会議室となっています。会議室の予定が空いておらず、会議ができない!調整が大変!会議室が空いているが、使ってよいのかわからない…どこの会議室で予約されているか忘れてしまった利用者管理者「会議室が足りない」「いつも予約で埋まっている」という苦情が多い。本当に会議室が足りないのかわからない…会議室予約管理システムを導入すると…解決ポイント利用者のメリット管理者のメリット●カラ予約が減りムダな会議室予約が削減でき運用効率が上がる!●誰でも簡単に操作ができる!●利用状況が把握できるので会議スペース計画に活かせる!●カラ予約が削減されるため会議室予約がスムーズになる!●部屋前端末に会議名が表示されるので会議室を間違えない!●空いている会議室を部屋前端末からの予約ですぐに使える!利用者は会議室予約管理システムで会議室を予約。予約情報は自動的に会議室前に設置された部屋前端末と同期される。会議予定時間になると端末には会議室予約情報が表示されるので、利用者は入室時に部屋前端末から「入室」ボタンを押すだけ。会議が終われば、再度、部屋前端末から「退出」ボタンを押して終了。早く終われば、スケジュールにも反映され、会議室が「空き」状態になる。●管理者は「どの部屋が、何時ごろ、どのくらい利用されているか」などの利用実態を把握できるため、最適な会議室の配置計画を行うことができる。●既存の会議室予約会議管理システムを利用するか、会議室専用の予約システムを導入するか選択することができるので、自社にあったシステムを導入できる。会議室予約管理システムグループウェア連携型(Office365、ExchangeServer、GSuite、サイボウズOffice、ガルーン)オリジナル会議システム構築型サーバ構成クラウドオンプレミスカスタマイズ不可一部可能価格月額課金型初期投資型LookP.70LookP.71商品ラインナップと特徴会議予約システムの基本機能端末の操作方法と機能会議開始会議終了もし、入室がなかったら…もし、延長したかったら…部屋前の表示端末で「入室」ボタンを押します。部屋前端末には予約時に入力した利用目的が表示されます。予定時間前に会議が終了した場合は、「終了」ボタンを押します。部屋の残り時間がキャンセルされ、別の人が予約できます。設定時間経過後、「入室」されなかった予約を自動でキャンセルします。予約時間を延長したい場合は、「延長」ボタンを押します。予約されていなければ、その場で延長することが可能です。「入室」で会議スタート「終了」で別の人が再利用自動キャンセル機能延長機能1324123会議室別の予約率、稼働率会議室別の会議種別と件数時間帯別の予約率、稼働率

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。