OFFICE CATALOG Vol.71 2021 66-67(68-69)

検索結果

  1. ICTツール
  2. Realsize Presenter
  3. ICTツール
  4. HDコム
  1. 66
  2. 67

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7166ICTツール01大画面RealsizePresenter用PCHDMIプロジェクター■動作環境CPUcorei5以上メモリ8GB以上HDD200GB以上の空き容量OSWindows8.1以降.NETFramework4.5以上MSOfficeMicrosoftOffice2010以降(PowerPoint、Excel、Word)WebサーバーApache2.4.43、PHP7.4.6■対応ファイル画像ファイルbmp、jpg、png動画ファイルwmv、mp4、movPowerPointppt、pptxExcelxlsxWorddoc、docxPDFファイルpdfYouTubeurl、website、csv大画面マルチプレゼンテーションシステムRealsizePresenterRealsizePresenter機器構成例プロジェクターやモニターに表示したいコンテンツを選択し、表示する位置やサイズの変更を1台のパソコンで管理できます。複数のコンテンツを同時に1ページ進めることもできます。■マルチスクリーンを簡単にコントロールRealsizePresenterの特長■表示したいコンテンツをワンクリックで表示■その場でファイルやコメントをアップロードさまざまなフォーマットのファイルが同時に操作画面に一覧でプレビュー表示されるので、表示したいコンテンツをすぐに呼び出すことができます。PCやスマホからファイルや付箋をアップロードすることができるので、ブレインストーミングなどのアイデア出しや、まとめる際に活用することができます。PDFWMV■強調したいコンテンツを大きく表示■準備したプレゼンテーションを簡単に再現コンテンツを自由に拡大縮小したり、部分の指定してサイズを入力することで簡単に実寸大に表示することができます。プレゼンテーションの準備で事前に確認した表示位置やサイズを保存し、再現することができるので、効率的に説得力や迫力のあるプレゼンテーションが行えます。マルチスクリーン環境を1台のPCで楽々操作、説得力や迫力のあるプレゼンテーションを実現。製品やサービスを、魅力的に顧客に伝えるプレゼンテーションを行うためのマルチスクリーン環境。そのマルチスクリーン環境を、かんたんな操作で使いこなすためのソフトウェアが、RealsizePresenterです。プレゼンテーションのために用意した資料を、かんたんな操作でマルチスクリーン上にレイアウトできるため、専任の操作担当者が必要ありません。❶❷❸❶原寸大でリアルなシミュレーションが可能。 ❷大画面を使って迫力のあるプレゼンテーションで聞き手の興味をひきつける。導入事例:唐津市民交流プラザ様 ❸3画面のマルチスクリーンで聞き手にわかりやすいプレゼンテーションが可能。RealsizePresenter4-850-5301オープン価格①プレゼンテーションに合わせ、ファイルの位置やサイズを設定し保存。②保存したファイルを読み込み、設定されたファイルのサムネイルを表示。③サムネイルを開くと、保存されたレイアウトで表示されます。
右ページから抽出された内容
67ICTツール01本体だけで最大24地点の多地点ビデオ会議が可能です。マルチデバイスに対応し、時間や場所にとらわれないビジュアルコミュニケーションが実現できます。また、社内外を同時につないだビデオ会議も簡単に設定できます。マルチデバイス対応で多地点接続1Web会議をHDコムの1拠点として接続することで、お互いの参加者の映像や資料を確認しながら、会議ができます。❶HDコムとWeb会議間の双方向映像・音声コミュニケーションを実現Web会議用のパソコンをHDMI/USBケーブルでつなぐだけでHDコムの1拠点として接続できます。❷Web会議のパソコンにHDMI/USBケーブルをつなぐだけの簡単接続電源を入れてから約45秒で起動します。また、電源入/切は、本体の電源スイッチを使わなくても、スイッチ付のテーブルタップの電源スイッチからでも可能です。素早い起動で速やかにビデオ会議が可能2無償でファームウェアをバージョンアップでき、新しい機能をご利用いただけます。不具合が発生した場合でも保守サービスをご準備しております。無償バージョンアップ・全国保守サービス対応3ビデオ会議の内容をHDコム本体に接続したUSBメモリで録画できます。また、録画された映像データはパソコン上で再生でき、HDコムを通じて複数の拠点で共有することができます。会議内容を録画・共有可能4遠隔会議システム HDコム■HDコム VC2000J/VC1600J/VC1300J主な仕様VC2000JVC1600JVC1300J端末方式IETFSIP、ITU-TH.323画像圧縮方式H.261(メインストリームのみ)、H.263、H.263+、H.263++(受信のみ)、H.264HighProfile、H.264BaselineProfile音声符号化方式G.711μ-law/A-law、G.722、G.722.1、G.722.1AnnexC、MPEG-4AAC-LD遠隔カメラコントロールH.224、H.281(ズーム/パン/チルト/プリセット)デュアルストリームH.239(H.323)、BFCP(SIP)暗号化SRTP(AES128‐bit)、H.235(AES128‐bit)通信速度256kbps∼24Mbps256kbps∼18Mbps対応解像度・フレーム数最大1920×1080p・60フレーム/秒画面表示フルスクリーン、PinP、PwithP、SidebySide入出力端子映像入力カメラ:HDMIメイン×1、HDMIサブ×1  パソコン:HDMI×1、RGB×1映像出力HDMI×2、HDMI×1(自拠点/録画用)、RCA×1(コンポーネント)HDMI×2音声入力専用デジタルマイク×1(KX‐VCA001)最大4台、専用アナログマイク×1(KX‐VCA002)最大1台、HDMI、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)音声出力HDMI×1、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)ネットワークRJ45×2(1000BASE-T)RJ45×2(100BASE-TX)RJ45×1(100BASE-TX)外部制御RS-232C×1(メンテナンス用兼用)同時接続地点数16地点(24地点まで拡張可)6地点(10地点まで拡張可)4地点コンテンツ共有PC(RGB/HDMI)、サブカメラ(HDMIサブ)外部制御Webブラウザ経由/HTTPCGIでの制御、TELNET、RS-232C接続モード標準モード、つながるねっとサービスモード、標準・つながるねっとサービスモード高画質と高音質で最大24地点の多地点ビデオ会議を実現!*3極ステレオミニプラグ専用です。■ディスプレイスタンドを使用した設置例HDコムの最上位モデルでは、内蔵するMCU機能を用いて、最大24地点の多地点ビデオ会議を開催できます。社内イントラネットの接続や社外とのインターネットを通じた接続も可能です。外出先からモバイル機器を使って参加もできるので、時間や場所にしばられないビジュアルコミュニケーションを実現します。■HDコムビデオ会議システムHDコムとWeb会議を混在した遠隔会議環境を実現することができます。接続できるWeb会議を選ばず、コストを抑えて映像・音声と資料を用いた双方向の会議が可能です。HDコムの特長支店AHDコムでのビデオ会議Web会議Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス(KX-VCG100J)USBLANHDMI支店B自宅出張先本社イントラネットVPNWeb会議サービスWeb会議Web会議Web会議Web会議Web会議Web会議Web会議Web会議品 名税抜価格KX-VC2000Jオープン価格KX-VC1600Jオープン価格KX-VC1300Jオープン価格ÅÇıビデオ会議システムHDコムとWeb会議の連携Å16地点(最大24地点)接続のトリプルモニター対応の最上位モデルÇ4地点接続のデュアルモニター対応モデルı6地点(最大10地点)接続のトリプルモニター対応モデル*KX-VC1600Jの場合

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。