OFFICE CATALOG Vol.71 2021 62-63(64-65)

検索結果

  1. ICTツール
  2. SMART Board
  1. 62
  2. 63

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7162ICTツール01SMARTBoardUSB・HDMI/DisplayportデスクトップPCSBID-7275Pのみ無線キーボード・マウスインタラクティブホワイトボードSMARTBoard[スマートボード]SMARTBoard機器構成例SMARTBoard・ラインナップ■SMARTBoardMXproSeriesSMARTBoard史上複数の参加者が同時に操作、初めてでもすぐに利用可能。アプリケーション上に直接書き込んだものを保存活用できるなど、新しいミーティングデザインをサポートします。Newスマートボード多機能なのに直感的で使いやすいチームや組織の知的生産性向上をサポートするコラボレーションのコア・デバイス。ストレスフリーで直感的なインターフェイス。操作が簡単ですぐに使える電子ボード。MicrosoftOfficeアプリケーションとの連携により元データに直接書き込み保存ができます。ワイヤレスで手元の端末の画面を投影することも可能です。サイズ注文番号品 名税抜価格65型4-850-8024MX265-V2-PWオープン価格75型4-850-8025MX275-V2-PWオープン価格■ディスプレイスタンドPREVIS[プレヴィス]※ディスプレイは別売です。対応ディスプレイサイズ注文番号品 名税抜価格質量kg60∼75型(90kg以下)6-728-5350プレヴィス75 PRV75-MB01¥119,500約38PREVIS仕様●材質/スチール ●画面2段階角度調整 ●画面高さ3段階調整●ストッパー付キャスター4個●R形状樹脂脚端キャップ付●大型ハンドル付●付属品/ディスプレイ取付金具(マルチブラケット)LookP.348PREVISを詳しく掲載しております。9008961663.5
右ページから抽出された内容
63※価格は税抜き本体価格です。ICTツール01インタラクティブホワイトボードSMARTBoard[スマートボード]製品名MX265-V2-PWMX275-V2-PW液晶パネル65型75型解像度4K3840×2160pアスペクト比16:9外形寸法W1516×H931×D95㎜W1746×H1064×D112㎜質量46.1kg60.0kg同梱品リモコン、USBケーブル、壁付け金具■SMARTBoard仕様SMARTBoardの主な特長MicrosoftOfficeアプリケーションとの連携。直接書き込み、保存(接続PCにて実現)2標準バンドルの描画ソフト「MeetingPro」は、Microsoft社のOfficeやAdobe社のアプリケーションと連携。元のファイルに直接書き込み、保存できるので、ディスカッションの内容を共有、再利用するのが簡単です。内蔵のAndroidPCにより、電源ONですぐにホワイトボード機能が使えます。書いた内容はリアルタイムで遠隔地と共有可能です。直感的に使える電子ボード(接続PCにて実現)1新しいホワイトボードの形kappiQ(内蔵AndroidPCにて実現)4ワイヤレスで画面共有(内蔵AndroidPCにて実現)3お使いの遠隔会議システムと組み合わせることで伝わるコミュニケーションを実現(接続PCにて実現)6iOSはもちろん、AndroidおよびMicrosoftデバイスからワイヤレスで画面が共有できるのでSMARTBoardを中心に会議の情報活用がより活性化します。すぐに使えるWebブラウザ(内蔵AndroidPCにて実現)5内蔵のAndroidPCにブラウザ機能を搭載しています。●情報表示をより便利にセンサーによる自動認識で、操作パネルを使用することなく、指を使って簡単操作、ペンを使ってすぐに手書きと、直感的に使用できます。ミーティングの際に2人同時の書き込みも可能です。なめらかな書き心地は、ホワイトボードに近く、アイデア書き出しの流れを妨げません。●指で簡単操作可能●ペンを取ってすぐに書ける●2人同時書き込みPCタブレットスマートフォンiPhone/AndroidSMARTBoardSMARTBoard遠隔接続イメージ(組み込み端末AM40利用時)ブラウザで開く組み込み端末(AM40)メールなどでURL送付クラウドBluetooth書き込みデータ※共有できる情報は書き込み情報のみになります。資料、音声、映像を共有する場合は別途システムが必要です。■使用例災害対策本部にSMARTBoardを設置し、本部に報告されてくる現場の情報や各拠点の対策状況をリアルタイムに本部で把握することができます。また、その場にいなくとも、遠隔地の端末から接続することで、社外からでも状況に応じた的確な指示、状況把握を行うことができます。※遠隔会議システムは別途ご用意が必要です。災害時の情報共有/BCP対策災害対策本部拠点1拠点2拠点3移動中外出先PCレスですぐにホワイトボードに書き込めます。モバイルアプリと連携して遠隔地とも情報共有できます。また、タブレット画面もワイヤレスで切り替えながら共有できます。HuddleMeeting 気軽に集まりさっと会議商品サイトWEBGO

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。