OFFICE CATALOG Vol.70 2020 104-105(106-107)

検索結果

  1. アクティブ コミュニケーション ファニチュア
  2. Quie
  1. 104
  2. 105

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.70104■設置プラン上のご注意1.本製品は不燃・難燃・防炎には対応不可の素材・構造です。建物の制限などを事前にご確認願います。2.天井のスプリンクラー装置の散水障害になるかを事前にご確認ください。もしR天井が散水障害となる場合、直線形状のR天井なしをお選びいただけます。3.Quieは家具と位置付けてますが、高さがあるため事前に管轄の消防に確認をお願いします。semi-openboothQuie仕様●外装パネル部/ポリエステル化粧合板、アジャスター付●内装パネル部/表面布張り仕上げ●座面/ウレタンクッション+布張り仕上げブースは単立、連立を選べ、スペースや必要数に応じた対応が可能です。[クワイエ]セミオープンのブースながら、独自の天井と吸音パネルで音漏れしづらく、座ったときの頭の高さに新素材「調音」パネルを組み合わせ、会話が聞き取りやすいブース空間を提供します。耳にも心地よい、セミオープンなブース空間。
右ページから抽出された内容
105受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。アクティブコミュニケーションファニチュア02心地よく、音がクリアに聞こえる調音パネル会話に必要な音は『残して反射』させるので、会話が聞き取りやすくなり、小さな声でも会話ができます。長時間の会話でも疲れにくくなります。やさしく囲むことで柔らかい雰囲気を作り出す曲線にすることで、光や音を均一でやさしく印象付けます。会話に不要な音を吸収する吸音パネル音の反響による不快なノイズや「ぼやけた音」を軽減させ、音の伝わりをクリアにさせます。Quieの調音パネルは、上の図のように、壁に当たった一次反射音が直接音と干渉しないように微弱な反射音を返すように設計されています。また、この微弱な反射音を遅延させることで、聴覚上は実際の空間より広い空間と音場を作ることができます。本製品は施工組立式ですが、解体・移設も可能です。入り口部分に設置可能です。その場で予約状況を確認し、端末上で予約・延長・終了などの操作を行えます。調音エリア吸音エリア吸音エリアR天井+ブース内部はクッション材で囲われ、こもり感と音漏れ低減に効果的な構造。調音パネル部分は適度に明瞭な音を反射する効果で自然に会話できます。対面での相談、確認などにおすすめです。打合せ、TV会議などにおすすめです。集中作業などにおすすめです。■調音パネルの入射音と反射音のイメージ■ブース内部のクッション材■選べる3つのタイプ■組立式■SmartRooms対応可能LookP.65SmartRoomsを掲載しております。会議室運用システムSmartRoomsグループウェアの施設予約とリアルタイムで連携。予約情報と入室状況が会議室前に設置された端末でひと目でわかります。■Pタイプ(2人用)■Mタイプ(4∼6人用)■Sタイプ(1人用)セミオープンブースQuie[クワイエ]ブースを増連する場合に、単立用、または2連用に加えて増連用をお選びください。さらに増連用を追加することで続けて増連することができます。単立用、または2連用と増連用はそれぞれ同じタイプで揃えてください。■ブースを増連する場合は単立用2連用2連用2連用増連用受注品施工・組立

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。