OFFICE CATALOG Vol.70 2020 688-689(690-691)

検索結果

  1. 収納システム家具
  2. 錠の種類と特長
  1. 688
  2. 689

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.70688収納システム家具14錠の種類と特長リバーシブルキー鍵の抜き差しが簡単な上下が同じ形のリバーシブルキーを採用しています。また、キーロック表示により、ロック状態を簡単に確認できます。ロック表示ロック表示は、施錠状態では赤、解錠状態では白色で表示。施錠されているキャビネットがひと目でわかり、鍵のかけ忘れも防止できます。内筒交換錠特長特長特長特長内筒交換錠取っ手付閉め忘れ防止扉を閉めるだけで施錠できるので、閉め忘れの心配がありません。キーレス運用暗証番号は任意の番号に設定できます。解錠はボタンを押してつまみを回すだけ。視覚障害者配慮目視をしなくても手で触れて操作を確認できます。盗み見防止ボタンは押して離すと戻ってくるので、盗み見されにくい仕様です。解錠キーの変更ができます。暗証番号を忘れた場合、解錠キー(別売)で扉を開けることができます。セキュリティ配慮のため内筒を交換することができます。オートロック錠オートロック錠鍵番号が見えない一般的にオフィス家具に装着されているシリンダー錠には鍵を差し込む部分に鍵番号が刻印されています。これは鍵を紛失した際に速やかにオフィス家具メーカーにスペアキーを手配するための配慮です。ただし、この場合鍵番号は誰からも見えるため第三者がスペアキーを入手することも可能です。ブラインドマーク錠は一般的なシリンダー錠のように鍵を差し込む部分には鍵番号が刻印されていません。ブラインドマーク錠一般的なシリンダー錠ブラインドマーク錠※登録された暗証番号がわからなくなった際は、販売店または当社担当営業にご相談ください。有償にて解錠いたします。※わからなくなった暗証番号検索をお客様(管理者様)でも行えるダイヤル錠(指定ダイヤル錠)もご用意しております。別製にて承りますので、お問い合わせください。ダイヤル錠は、わずらわしい鍵の管理が不要です。4桁の暗証番号を登録しダイヤルを合わせることにより解錠を行います。自由変換式(ビジター方式)扉を閉めたときの番号が、そのまま暗証番号になります。複数の使用者が1つの扉を使用する場合に最適です。固定式(メンバー方式)使用者が設定した暗証番号を使用します。使用者が変われば、新しい暗証番号を再設定することも可能です。1人が1つの扉を使用する際に最適です。選べる2つの解錠方法キーレス運用施錠は、つまみをクローズにまわすだけ。解錠も鍵は4桁の暗証番号だけです。鍵をかけるわずらわしさの軽減暗証番号を合わせ解錠した後、ダイヤルをランダムにしても、そのまま施錠することができます。従来のダイヤル錠のように施錠の際も暗証番号を合わせる必要がありません。(※暗証番号を合わせる手間が半減するので盗み見防止にも配慮)開けやすいつまみ指一本で開け閉めできます。非常解錠キーの販売暗証番号を忘れた場合のために非常解錠キーをご用意しております。指定ダイヤル錠内筒の交換により、従来より簡単・短納期で承れるようになりました。ダイヤル錠(内筒交換タイプ)内筒交換錠錠前の鍵を挿す部分(内筒)だけ取り替えられる構造になっており、鍵番号の変更をすることで、柔軟なセキュリティ管理が可能になります。ダイヤル錠取っ手付(内筒交換タイプ)※ブラインドマーク錠はウチダ内筒交換錠のオプションメニューですので、今お使いのウチダ内筒交換錠をブラインドマーク錠に交換することもできます。オフィスや公共施設ではセキュリティ対策が欠かせません。大切な書類やデータが入ったPCなどは収納庫やワゴンに鍵をかけ、持ち出し管理などを厳重に行うことがオフィスの常識となっています。その反面、鍵の管理や運用に煩わしさを感じたり、セキュリティ強化が原因で作業効率が落ちて困っているなどの課題をお持ちの企業・組織も多いのではないでしょうか。より便利に快適に運用できる錠の種類と特徴をご紹介いたします。内筒交換錠は錠前の鍵を挿す部分(内筒)だけを取り替えられる構造になっており、鍵番号の変更をすることで、柔軟なセキュリティ管理が可能になり、「便利で使いやすい」鍵の運用を実現できます。ボタンによる数字の組み合わせで解錠ができる錠前です。暗証番号の任意設定・鍵を必要としないキーレス運用で防犯面も安心です。また、扉を閉めるだけで自動的に施錠ができるので、鍵の閉め忘れの心配もありません。任意で設定した4桁の暗証番号で施錠・解錠ができる錠前です。鍵を必要としないキーレス運用で紛失・複製の心配がありません。(通常使用時に鍵は必要ありません。)※このサービスは別製対応により、別途費用が必要です。詳しくは、当社担当営業までお問い合わせください。※内筒の交換は解錠時に専用鍵にて行います。※標準は使用者が設定した暗証番号を使用するメンバー式(固定式)です。
右ページから抽出された内容
689収納システム家具14特長視覚障害者配慮目視をしなくても手で触れて操作を確認できます。キーレス運用暗証番号は任意の番号に設定できます。解錠はボタンを押してつまみを回すだけ。盗み見防止ボタンは押して離すと戻ってくるので、盗み見されにくい仕様です。解錠キーの変更ができます。暗証番号を忘れた場合、解錠キー(別売)で扉を開けることができます。セキュリティ配慮のため内筒を交換することができます。プッシュ錠プッシュ錠ICカード錠ICカード錠ビジター方式お手持ちのICカードで、1度だけカギの開け閉めができます。一度施錠、解錠を操作すると登録されたICカードがリセットされますので、使用後、別のユーザーが使用することができます。メンバー方式あらかじめ登録したICカードで、開け閉めができます。最大500枚のカードが登録可能。別途カードを登録・削除するための機能カード、メンバーモードへの変更カードを購入していただく必要があります。(当社担当営業までお問い合わせください)出荷時はビジター方式となっております。登録・追加・削除などの操作も簡単!社員証など、お手持ちのICカードがそのまま鍵として使用できます。対応カードの規格はFeliCa/MIFAREです。扉を閉めるだけで施錠のできるオートロックのタイプもございます。ボタンで暗証番号を入力する鍵です。ダイヤル錠と同じくキーレス運用ですが、その操作性はダイレクトで心地良いです。※暗証番号は最大11桁まで任意に設定できます。※FeliCa(フェリカ)はソニー株式会社の登録商標です。※MIFARE(マイフェア)はNXPセミコンダクターズの登録商標です。特長カードを新規につくる必要なし手持ちのICカード(社員証・学生証など)で施解錠ができます。もちろん鍵を持ち歩く必要はありません。高いセキュリティと操作性操作は「起動ボタンを押す」→「カードをかざす」→「つまみを回す」の3アクション、その上ICカードは複製しづらくセキュリティも安心です。電池で駆動AC電源を必要としないので、キャビネットやロッカーを自由にレイアウトできます。※単三形アルカリ電池×4使用選べる2つの運用モード利用シーンで選べる3タイプノーマルタイプ履歴タイプオートロックタイプお手持ちのICカードが鍵の代わりになります。●オフィスに席をもたないモバイルワーカーが一時的にカバンやPCを保管したいとき●社員証にICがついている企業開閉履歴がとれるので入退室管理ができます。●個人情報を取り扱う企業●病院などの薬品を取り扱う企業扉を閉めるだけで自動施錠。鍵のかけ忘れがありません。●人の出入りが多い企業●情報漏洩事故などの対策を考えている通信系オフィス②ツマミをに回すと鍵がかかります。①起動ボタンを押し、ICカードをかざします。②ツマミをに回すと鍵があきます。①起動ボタンを押し、ICカードをかざします。鍵のかけ方鍵のあけ方※オートロックタイプは自動的に施錠できます。施錠解錠別のユーザーピッピッ※詳しくは当社担当営業までお問い合わせください。Keysolution内筒交換・オートロック・ダイヤル・ICカード・プッシュ・ブラインドマーク 各錠について詳しく掲載しております。LookP.632

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。