OFFICE CATALOG Vol.70 2020 62-63(64-65)

検索結果

  1. ICTツール
  2. HDコム
  3. ICTツール
  4. モバイル会議3
  1. 62
  2. 63

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7062ICTツール01本体だけで最大24地点の多地点ビデオ会議が可能です。マルチデバイスに対応し、時間や場所にとらわれないビジュアルコミュニケーションが実現できます。また、社内外を同時につないだビデオ会議も簡単に設定できます。どんなデバイスからでも多地点接続1電源を入れてから約45秒で起動します。また、電源入/切は、本体の電源スイッチを使わなくても、スイッチ付のテーブルタップの電源スイッチからでも可能です。素早い起動で速やかにビデオ会議が可能2無償でファームウェアをバージョンアップでき、新しい機能をご利用いただけます。不具合が発生した場合でも保守サービスをご準備しております。無償バージョンアップ・全国保守サービス対応3ビデオ会議の内容をHDコム本体に接続したUSBメモリで録画できます。また、録画された映像はHDコムを通じて複数の拠点で共有することができます。会議内容を録画・共有可能4遠隔会議システム HDコム■HDコム VC2000J/VC1600J/VC1300J主な仕様VC2000JVC1600JVC1300J端末方式IETFSIP、ITU-TH.323画像圧縮方式H.261(メインストリームのみ)、H.263、H.263+、H.263++(受信のみ)、H.264HighProfile、H.264BaselineProfile音声符号化方式G.711μ-law/A-law、G.722、G.722.1、G.722.1AnnexC、MPEG-4AAC-LD遠隔カメラコントロールH.224、H.281(ズーム/パン/チルト/プリセット)デュアルストリームH.239、BFCP(SIP)暗号化SRTP(AES128‐bit)、H.235(AES128‐bit)通信速度256kbps∼24Mbps256kbps∼18Mbps対応解像度・フレーム数最大1920×1080p・60フレーム/秒画面表示フルスクリーン、PinP、PwithP、SidebySide入出力端子映像入力カメラ:HDMIメイン×1、HDMIサブ×1  パソコン:HDMI×1、RGB×1映像出力HDMI×2、HDMI×1(自拠点/録画用)、RCA×1(コンポーネント)HDMI×2音声入力専用デジタルマイク×1(KX‐VCA001)最大4台、専用アナログマイク×1(KX‐VCA002)最大1台、HDMI、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)音声出力HDMI×1、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)ネットワークRJ45×2RJ45×1外部制御RS-232C×1(メンテナンス用兼用)同時接続地点数16地点(24地点まで拡張可)6地点(10地点まで拡張可)4地点コンテンツ共有PC(RGB/HDMI)、サブカメラ(HDMIサブ)外部制御Webブラウザ経由/HTTPCGIでの制御、TELNET、RS-232C接続モード標準モード、つながるねっとサービスモード、標準・つながるねっとサービスモード高画質と高音質で最大24地点の多地点ビデオ会議を実現!4地点接続のデュアルモニター対応モデル16地点(最大24地点)接続のトリプルモニター対応の最上位モデル6地点(最大10地点)接続のトリプルモニター対応モデルKX-VC1300Jオープン価格KX-VC2000Jオープン価格KX-VC1600Jオープン価格*3極ステレオミニプラグ専用です。KX-VC1300JHDMIケーブルマイクケーブル専用カメラ専用マイクディスプレイHDMIケーブルHDMIケーブル・・・・支社4KX-VC1300J支社3KX-VC1300J支社2KX-VC1300J支社1KX-VC1300J支社15KX-VC1300J支社14KX-VC1300J支社13KX-VC1300JKX-VC2000J支社12本社MPC■KX-VC2000Jの標準16地点構成例■ディスプレイスタンドを使用した設置例HDコムの最上位モデルでは、内蔵するMCU機能を用いて、最大24地点の多地点ビデオ会議を開催できます。社内イントラネットの接続や社外とのインターネットを通じた接続も可能です。外出先からモバイル機器を使って参加もできるので、時間や場所にしばられないビジュアルコミュニケーションを実現します。HDコムの特長
右ページから抽出された内容
63受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。ICTツール01ペーパーレス会議システムモバイル会議3ペーパーレスシステムmoreNOTE®[モアノート]受注品「モバイル会議」は、会議参加者の各端末から仮想の会議室にログインするだけで、会議資料が閲覧できるペーパーレス会議システムです。議長の議事進行に沿って画面内容が展開し、全参加者が同じ画面を見ながら会議を行えます。どこにいても会議を開催でき、「シンプルな操作性」、「十分なセキュリティ」、「システムの安定性」の点で、高い評価を得ています。開発元:Windows10iOS簡単操作で画面同期Officeも編集可能アップロードも簡単お問い合わせ事例ログで活動分析クラウド版オンプレミス版スタンドアローン版AndroidTV会議などを用いた遠隔地会議において、iPadでリアルタイムに同じページを参照しながら会議を行えるようになります。ペーパーレス化した際の流出リスクに備え、数々の機能を搭載しています。リモートワイプ・なりすましログイン防止簡単操作で画面同期を使った会議が実施可能。円滑な会議運営を支援します。ドラッグ&ドロップで簡単にアップロードすることができます。●アプリケーションのインストールを教えて欲しい。●ログイン方法を教えて欲しい。●ペアリングのやり方を教えて欲しい。●この機能はどうやって使うか教えて欲しい。 などOffice文書の閲覧、編集可能。外出時の業務ツールとしても活用できます。閲覧ログの収集で、「資料の未読・既読確認」「営業活動の分析」に活用できます。端末認証閲覧時間・権限設定資料の暗号化多様なワークスタイルに活用できる機能を搭載しています。専用のフリーダイヤル、もしくはメールでお問い合わせ可能です。会議で使用した資料が自動消去されるので、資料の置き忘れや紛失などによる情報漏えいを防ぐことができます。遠隔地でも同じ資料を共有1セキュリティ1簡単なのに多機能2充実のサポート3資料の情報漏えいを防止2簡単な操作性3ホスト(親機)の操作がゲスト(子機)に反映されます。操作性の良さにより会議主催者・参加者双方の負担を軽減します。資料をサーバにアップロードするだけ。印刷の手間・コストが削減されるので、業務効率化とコスト削減につながります。業務効率化とコスト削減4メモや資料の保存、制御が可能5既存端末の活用で設備投資の抑制6メモや保存は、会議や資料ごとに利用・制御でき、重要な資料をiPadに残させない使い方もできます。サーバタイプは3種類オールインワンタイプ組込タイプクラウドサービス配布資料の管理に注意が必要だった・書類の置き忘れ・紛失による情報漏えいモバイル会議を導入し、セキュリティ向上!資料配付をしなくなったため、書類管理の問題が解決。スライド移動拡大・縮小ホスト(親機)の操作がゲスト(子機)に反映されます。メモ機能保存機能最大登録ユーザーID数100ID同時接続端末台数30台会議室数20室1会議室あたりの登録可能ファイル数50ファイル※個別対応(有償)により、拡張することができます。■標準仕様iPadとWindows端末の混在した端末環境で会議が可能です。※標準仕様以外は、お問い合わせください。moreNOTEは、タブレットやPCで、あらゆる資料を安心・安全・簡単に持ち出し活用できるペーパーレスシステムです。累計導入社数3,000社以上!シェアNo.1簡単でセキュアなペーパーレスシステム各種タブレットやスマートフォンだけでなく、PCにも対応。混在での使用も可能です。■マルチディバイスに対応■選べる3つのプラン■moreNOTEが選ばれる理由moreNOTEサーバファイルを登録ダウンロードファイル閲覧moreNOTEサーバ社内ネットワーク社内Wi-Fi環境でアクセス会議パック無線アクセスポイントでアクセスモバイル会議の特長

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。