OFFICE CATALOG Vol.70 2020 602-603(604-605)

検索結果

  1. セキュリティ・金庫
  2. マイナンバー制度のためのセキュリティ対応
  3. セキュリティ・金庫
  4. 理想のオフィスのための入退室管理
  1. 602
  2. 603

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.70602セキュリティ・金庫13ウチダのオフィスセキュリティ製品でマイナンバー制度・物理的安全管理措置の対策を!!2016年1月からマイナンバーが施行されました。マイナンバーとは国民一人ひとりが持つ12桁の番号(個人番号)のこと。社会保障・税・災害対策の分野で利用され、行政の効率化と国民の利便性を高める社会基盤となります。マイナンバーは、事業者が個人番号および特定個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止などのために設定された安全管理措置が義務付けられます。ハイパーストレージHS638金庫610ノートPCキャビネット629システムトレーキャビネット696トレーキャビネット施錠タイプ630人からも災害からも守ります。お客様の個人情報を守りましょう。PCは念には念を入れて。扉付・施錠付でダブルの安心。社員証などのICカードによる認証で、誰がいつ開閉したのかわかるよう履歴を残すこともできます。重要書類や社内文書、ノートPCやタブレットも安全に保管ができます。セキュリティワイヤー623忙しく離席の多いワーカーはなおさら、安心できるようにしたいです。耐火・耐水などの安心機能で大切な情報を守ります。金庫ごとの持ち去り盗難にも対応します。カウンター792サイドパネルスクリーンなどでカウンター上においた書類を隣から見えにくくします。運用状況で鍵も選びましょう。通常のシリンダー錠から鍵のいらないダイヤル錠やプッシュ錠、閉め忘れを防止するオートロック錠、お手持ちのICカードが鍵になるICカード錠まで選択肢は多いです。マイナンバー制度のためのセキュリティ対応安全管理措置の4分類組織的安全管理措置人的安全管理措置物理的安全管理措置技術的安全管理措置・組織体制の整備・取扱規程等に基づく運用・取扱状況を確認する手段の整備・情報漏洩事案に対応する体制の整備・取扱状況把握及び安全管理措置の見直し・事務取扱担当者の監督・事務取扱担当者の教育・特定個人情報等を取り扱う区域の管理・機器及び電子媒体等の盗難等の防止・電子媒体等を持ち出す場合の漏洩等の防止・個人番号の削除、機器及び電子媒体等の廃棄・アクセス制御・アクセス者の識別と認証・外部からの不正アクセス等の防止・情報漏洩等の防止シュレッダ619持出管理入退室管理廃棄管理SECURAGE®NS627重要なものが入っているロッカーやキャビネット。かけたカギの管理も大切です。カギの持出管理もしっかりと。キーボックス631かけただけじゃダメなんです。案内板819サインスタンド818パーティションスタンド831お客様など、社内を知らない人がしっかり入れなくするのも大切なマナーです。ここから先はご遠慮ください。入退室管理システム603誰がどこに入室したかを明確にしましょう。情報漏洩を防ぐためにも人の出入りはきちんと管理。大量の書類はまとめて一気に。ウチダ重要文書処理システム625重要な文書の廃棄は慎重に。重要文書回収サービスで確実な廃棄を。シュレッダなら目前で二度と読めない状態に。廃棄は確実に。鍵をあける人を限定できます。個人デスクにも安心な機能を。暗証番号を設定するダイヤル錠なら、キーレス運用で鍵を持ち歩くわずらわしさと紛失の心配がありません。STワゴン316
右ページから抽出された内容
603入退室管理理想のオフィスのための入退室管理132654企業は顧客情報や個人情報などの多くの情報を漏洩から防がなければなりません。万一、それらの情報が漏洩すれば、被害者である企業自身が社会的責任を追及されることにもなりかねません。オフィスのセキュリティを保つには、空間・情報・利用者を階層化する『レベリング』と、それらを関連付けて制限する『アクセスコントロール(利用者制限)』が重要です。ウチダは、“お客様のオフィスにとって最適な”セキュリティ環境を実現するためのオフィスプランをご提案いたします。パーティションスタンドを使用し、空間を分けることができるので、執務エリア内の応接室までお客様の動線をつくり、執務スペースへの侵入を抑止することができます。パーティションスタンドをお薦めします。2執務エリアにお客様が入ってくる場合には…。サーバルームや書物室には特に漏洩時のリスクの高い機密情報が眠っています。監視カメラシステムは入室と連動して画像や映像を記録します。【監視カメラをお薦めします。】4特に重要なエリアには…。オフィスビルには非常に多くの人が訪れます。入退管理と併せてセキュリティゲートを設置することで入館者の制限が行えます。セキュリティゲートをお薦めします。1ビル・エントランスには…。サーバルームや書物室には特に漏洩時のリスクの高い機密情報が眠っています。監視カメラシステムは入室と連動して画像や映像を記録します。【サーバブースをお薦めします。】5サーバルームには…。認証装置を備えた入退管理システムの設置により、特定居室への入室者を制限できます。【認証装置をお薦めします。】非接触ICカードリーダ指静脈認証端末■カードリーダ型■バイオメトリクス型3人の出入りを制限したい場所には…。サインスタンドをエレベーターホールに設置することで、来訪者を受付に誘導したり、執務エリアへの進入禁止の意思を示すことができます。また、執務エリア入り口には無人受付システムを設置することで、受付人件費の削減や内線リストの持ち出しによる情報漏洩のリスクを軽減します。サインスタンド、無人受付システムをお薦めします。6エレベーターホールや受付エリアには…。LookP.831パーティションスタンドを詳しく掲載しております。LookP.818サインスタンドを詳しく掲載しております。LookP.67無人受付システムを詳しく掲載しております。防犯カメラ(パナソニック(株)製)

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。