OFFICE CATALOG Vol.70 2020 46-47(48-49)

検索結果

  1. ICTツール
  2. ICTツールで支援する会議変革
  1. 46
  2. 47

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.704601資料をスクリーンに投影し、会議をペーパーレス化しましょう。紙資料を使わないことで、準備にかかる時間を短縮します。資料の差し替えも会議の直前まで容易にできます。資料準備時間の削減01グループウェアのスケジューラーと連携する会議室予約システムを活用することで、会議室の空室検索とメンバーのスケジュール調整が同時にでき、効率的です。無駄な「空予約」の自動キャンセルも行います。スケジュール調整にかかる工数を削減02SmartTimeShare66SmartRooms65離れたオフィスや出張先から接続できるビデオ会議システムを活用すれば、キーマンがどこにいても会議を開催できます。場所の制約を受けない会議システムを導入03START今までは…●参加者の予定と会議室の空き予定の両方を見ながらの調整は時間がかかる…今までは…●キーマンの予定に合わせると、急ぎの会議なのに開催日はずっと先に…効率性ICTツールで支援する会議変革テレワークの実施や長時間労働の削減などとともに、日々の会議やミーティングのやり方を見直して生産性を高めるための取り組みも働き方変革につながります。会議の準備や予定調整にかかる付加価値を生まない時間の削減や、活発な意見交換を促す仕掛けなどにより、会議の効率性と創造性の向上を目指しましょう。働き方変革と生産性向上効率性の向上付加価値を産まない無駄な時間の削減創造性の向上アウトプットの質の向上意思決定速度の向上効率性今までは…●資料の印刷やホチキス留めに時間がかかる…。●間違い資料を差し替えるのが大変。資料提示装置55ClickShare50wivia48SurfaceHub2S60遠隔会議システム62効率性創造性
右ページから抽出された内容
4701活発な意見交換をするために04会議時間を短縮するために06次のアクションに素早く取り掛かるために08参加者に見える形で板書をまとめていきましょう。今、何を議論しているのかをその場でまとめていくことで、参加者全員が内容を共有し、認識やベクトルがずれないようにします。論点をはっきりさせるために05意思決定をする場に重要なのは、必要な資料がより的確に伝わる環境。大きなスクリーンや複数のディスプレイがあればプレゼンテーションの内容を補足する資料や、比較する情報などを複数表示できるので有効です。迅速な意思決定のために07GOAL今までは…●他のメンバーの発表中に、参考情報を表示するのは気が引ける…効率性創造性インタラクティブスクリーンボード59Deldea58SMARTBoard56会議の進行に合わせて電子ボードを使って板書をまとめれば、終了後はそのまま配信できます。次のアクションに素早く取り掛かることができ、ビジネススピードも向上します。SMARTBoard56SurfaceHub2S60効率性創造性タイムリーにPCの画面が投影できる環境を用意して、メンバーの意見を出しやすくしましょう。お互いのアイデアを共有し、ぶつけ合い、進化させることで、より質の高い成果物につながります。ClickShare50wivia48創造性ワイヤレスで投影できる仕組みを使えば、発表者が変わるたびにケーブルをつなぎ変えたり、席を移動するなどの無駄な時間が無くなります。ClickShare50wivia48効率性RealsizePresenter61効率性今までは…●データや資料をだしたり、探したり。同時に見られると早いのに…

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。