OFFICE CATALOG Vol.70 2020 40-41(42-43)

検索結果

  1. SmartInfill
  1. 40
  2. 41

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7040SmartInfill00セミオープンのミーティング空間。開放的な場はスムーズな情報共有を実現し、プロジェクト関係者以外にも進捗状況が可視化されることで、新たな発想を生みだします。スケルトン天井のオフィスに、アルミフレームを敷設することで、照明などを吊る設備ラインとしても利用できます。フレーム上部は配線スペースとなっており、電気やLANなどのケーブリングが可能です。オープンタイプのスマートインフィルは、躯体の壁や床を傷めることなくミーティングルームなどの個別空間が容易にできます。また、照明やICTなどのインフラも兼ねた拡張性と可変性で、刻々と変化する空間ニーズに対応します。この自由度の高さが、オープンタイプの最大のメリットです。SmartInfillオープンタイプ納入事例:ヤマトインターナショナル株式会社様納入事例:株式会社タカミヤ様
右ページから抽出された内容
41SmartInfill00シーリングシーリング+オープンタイプフリースタンディング+オープンタイプスケルトン天井に吊り下げることで、柱のない大空間を構築できます。また、ポールを追加することでモニターなどの設置も可能。快適なICT環境を実現します。シーリングタイプにポールを追加し、仕切り壁を設置。面材はガラスやスチールパネル、杉材などの豊富なマテリアルをラインナップ。イメージ通りのインテリア空間を構築できます。建築躯体に固定しない自立タイプのモデルです。床材を気にすることなく、多様なサイズや機能空間を構築することができます。納入事例:ヤマトインターナショナル株式会社様

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。