OFFICE CATALOG Vol.70 2020 32-33(34-35)

検索結果

  1. SmartInfill
  1. 32
  2. 33

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7032ICTデバイスやネットワークを自在に実装できる空間構築ユニット「SmartInfill(スマートインフィル)」は、2006年の発売以来、多くの企業や自治体、学校、病院などに導入され、モビリティ、クラウドサービス、データ活用によってコラボレーションの場を創造しています。そして今回、個々のワーカーのあるべき働き方に応えるために、オープン空間からクローズド空間まで多様な空間構築を実現する「SmartInfillCompartment(スマートインフィルコンパートメント)」を追加しました。SmartInfillはこれからも新しい機能を加え続け、時代のニーズに合った最適なシステムとして進化していきます。SmartInfill×(空間+情報+人)=あるべき働き方SmartInfillspaceoperatingsystem[スマートインフィル]&SmartInfillSmartInfillCompartment
右ページから抽出された内容
33SmartInfill-Compartmentシーリング+クローズドタイプSmartInfill-Room多人数で使用する会議室やミーティングルームなどフリースタンディング+クローズドタイプSmartInfill-Pod高集中作業の1人用作業ブースSmartInfill-Booth電話会議や少人数の共同作業スペースSmartInfill-Cave2〜6人程度で使用する、セミオープンミーティングSmartInfillオープンタイプSmartInfillコミュニケーションの活性化とスムーズな情報共有

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。