OFFICE CATALOG Vol.69 2019 48-49(50-51)

検索結果

  1. ICTツール
  2. wivia
  1. 48
  2. 49

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.6948その他スマートルームズ資料提示装置リアルサイズプレゼンタークリックシェアオイテミンフォプロジェクターデルディアユビックパネルスマートタイムシェア大型ディスプレイスマートボードコデマリワイビアスマートクリックサーフェスハブ電子情報ボードモアノートモバイル会議遠隔会議システムICTツール01無線対応プレゼンテーション用機器 wivia®[ワイビア] 社内の会議室、ミーティングスペースなどで幅広く設置できるワイヤレスプレゼンテーションシステム。wivia®5の特長投影ボタンのクリックで画面投影を切り替えられます。ケーブルの抜き挿しがなくなり、会議や研修がスムーズに。ワンタッチ画面切替2iOS・Androidのスマートフォン・タブレットからも投影できます。マルチOS/マルチデバイス対応31wiviaを表示機器やネットワークに接続し、電源オン。3投影ボタンを押す。▼▼簡単に使える12端末を無線LANに接続し、アプリケーションを起動。■wivia5本体■wivia5主な本体仕様※2018年10月現在。各仕様は予告なく変更となる場合がございます。※以前のバージョンのアプリケーション(wivia3.x、wiviaPresenter1.x)からは使用できません。※従来機種とはアプリケーション仕様・通信仕様などが異なります。詳しくはお問い合わせください。wivia5[ワイビア5]WV-514-850-0505オープン価格■無線対応プレゼンテーション用機器※HDMIケーブル、音声ケーブル、LANケーブルは別売。●内容物/本体、ACアダプター(コード長1.5m)、壁掛用金具、クイックマニュアル、保証書(保証期間1年)LookP.554別売の取付ブラケットを掲載しております。投影ボタンスタンバイボタン・インジケーターLEDUSBポートリセットボタン音声ジャックUSBポートHDMIポートLANポート電源ジャック映像出力解像度WUXGA(1920×1200)/1080p(1920×1080)/720p(1280×720)無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac2.4GHz/5GHz(切換利用)通信速度:2.4GHz:300Mbps、5GHz:867Mbpsセキュリティ:WPA/WPA2-PSK(AES)有線LAN規格:IEEE802.3ab(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)通信速度:最大10/100/1000Mbps(オートネゴシエーション)PoE規格:IEEE802.3afPDインターフェイスHDMI×1、ステレオミニ×1、RJ-45(有線LAN)×1、USB2.0×2ハードウェア仕様電源(ACアダプター):入力:AC100-240V50/60Hz0.7A、出力:DC12V2A電源(PoE受電):DC42.5-57V0.35-0.26A外形寸法:170(W)×130(D)×46(H)㎜動作/保管温度:0∼40℃/-20∼70℃動作/保管湿度:85%以下/90%以下(結露しないこと)本体質量:350g対応OSWindows7/8.1/10、macOS10.12∼10.14、iOS10∼12、Android6∼7※WindowsRT/10Sは非対応※wiviaPresenterにはAppStore/GooglePlayが必要wivia5(ワイビア5)を使えば、パソコンやスマートフォン・タブレットのデータをネットワーク経由で簡単に投影することができます。また、オプションのwiviaButtonを追加すると、任意のHDMI機器からもワイヤレスで投影できます。■wivia機器構成例モニターまたはプロジェクターHDMIwiviaPCスマートフォン・タブレットスマートフォン・タブレットwiviaButtonwiviaButton最小構成既存のネットワークに接続する構成HDMILANPCPCwivia(無線OFF)インターネットファイルサーバなど2F1Fアクセスポイントプロジェクターモニター
右ページから抽出された内容
49その他スマートルームズ資料提示装置リアルサイズプレゼンタークリックシェアオイテミンフォプロジェクターデルディアユビックパネルスマートタイムシェア大型ディスプレイスマートボードコデマリワイビアスマートクリックモアノートサーフェスハブモバイル会議電子情報ボード遠隔会議システムICTツール01wivia本体とペアリングして、1ボタンの簡単操作で任意のHDMI機器を投影できます。wiviaの詳細に関してはWebサイトをご覧ください。www.uchida.co.jp/wivia※wiviaは、株式会社内田洋行の登録商標です。 ※その他のブランド名、製品名などは一般に各社の商号、登録商標または商標です。wivia®5の特長wiviaは商品別カタログをご用意しております。商品別カタログwiviaButton[ワイビアボタン]WV-HB-14-850-0521オープン価格■wivia用HDMI端末ユニット※1台のwiviaにペアリングするwiviaButtonは2台以内を推奨します。※2018年10月現在。各仕様は予告なく変更となる場合がございます。※wivia本体、LANケーブルは別売。※動作にはACアダプターによる給電が必要です。MicroUSBポートリセットボタンスマートフォン・タブレット資料掲示装置電源コネクターLANポートインジケーターLED操作ボタンHDMI入力■wiviaButton(HDMI端末ユニット)HDMI入力規格:HDMIVer.1.4対応信号:1280×720/1920×1080HDCP:非対応無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n2.4GHz/5GHz通信速度:最大300Mbpsセキュリティ:WPA/WPA2-PSK、WEP有線LAN通信速度:最大10/100MbpsPoE:非対応インターフェイスHDMI×1、MicroUSB×1、RJ-45(有線LAN)×1ハードウェア仕様電源:ACアダプター外形寸法:110(W)×106(D)×34(H)㎜本体質量:187g対応wivia機種wivia5(WV-51)、wivia4(WV-BG-4)、wivia3(WV-BG-3)設定方法USB接続による自動ペアリング、Webブラウザ、PC用設定ソフトウェア■wiviaButton主な本体仕様背面●内容物/本体、ACアダプター(コード長1.5m)、HDMIケーブル(50㎝)、MicroUSBケーブル(15㎝)、クイックマニュアル、保証書(保証期間1年)ソフトウェア不要の簡単接続入力機器に専用ソフトウェアや無線LAN接続が不要なので、ゲストの持ち込み機器やUSBが制限されたPCもすぐに接続できます。さまざまなHDMI機器を接続可能※機器によっては変換ケーブルが必要です。※すべての機器をサポートするものではありません。※1.音声は最初の1端末分のみ出力されます。 ※2.Windows、Macのみ対応です。各画面に1台wiviaを接続し、各wiviaとPCを既存ネットワークに接続してください。同時投影数は最大4台ですが、投影品質はネットワークの状況により変化します。 ※3.音声は最初の1台にのみ送信されます。 ※4.Windows、Macのみ対応です。 ※5.環境により、別途ソフトウェアのインストールが必要な場合や、動作しない場合があります。 ※6.wivia本体にタッチパネルまたはマウスを接続する必要があります。また、機種の仕様によっては動作しない場合があります。 ※7.iOS・Androidのミラーリング機能で接続した端末のサムネイルは表示されません。また、これらの端末では投影を停止すると自動的に切断となり、投影の再開はできません。 ※8.司会者としてログインできるのは同時に1名のみです。 ※9.wivia5対応の管理ツールは2019年内の提供開始を予定しています。 ※10.wivia本体のファームウェア更新が必要な場合があります。 ※11.iOS・Androidでは、同一サブネット内の1台のwiviaに対してのみ可能です。異なるセグメントや、mDNSに非対応のネットワークではミラーリングできませんので、wiviaPresenterをお使いください。※12.iOS版では、iWorkファイル(Pages、Numbers、Keynote)にも対応しています。 ※13.AppStore、GooglePlayへの通信料はお客様のご負担となります。 ※14.一部iOS、Android端末ではご利用いただけない場合があります。※15.フォント、画像などが正しく表示されない場合があります。 ※16.文書ファイル、ウェブページ内の動画、アニメーションは表示されません。画面を分割して、最大4人で同時に投影できます。画面は人数に応じて自動配置されます。1台のPCから同時に複数の画面にも投影できるので、室内の複数の画面や、他の部屋の画面にも投影できます。会議や研修、発表会などで、司会者や講師が、ウェブブラウザーを使って、wiviaに接続中のすべての参加者の投影操作を制御できます。拠点内に設置したwivia3∼5を一覧表示で管理できるツールをご提供予定です。各wiviaの稼働状態の確認、選択したwiviaの再起動や設定変更、ファームウェア更新が行えるようになります。投影する端末をサムネイル形式の参加者一覧から選択できます。wivia本体に接続したタッチパネルやマウスの操作で、会議や研修を簡単・正確に進行できます。■サムネイルでの投影コントロール■司会者モード■統合管理ツール(開発中)ABCDEFGH※8※6、※7wiviaをPCの仮想サブディスプレイとして利用できます。PowerPointの発表者ツールを利用したり、wiviaに資料を映しながら手元の画面で別の作業ができます。ABCDADBC■分割投影・自動レイアウト■マルチスクリーン投影■拡張画面モード※1※2、※3※4、※5iOS、Androidのスマートフォン・タブレットから、wiviaを利用してデータを投影できます。ドキュメントや画像ファイルのほか、ウェブページやカメラ映像も投影できます。■wiviaPresenterWord(doc/docx)Excel(xls/xlsx)PowerPoint(ppt/pptx)PDFPDFJPEG・PNG■無料でダウンロードできます■対応ファイル形式Windows・Macに加え、iOS・Androidからも画面をミラーリングできます。さまざまな機器が集まっても共通のプラットフォームとして活用できます。■マルチOSミラーリング※12、※13、※14、※15、※16※9、※10※11

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。