OFFICE CATALOG Vol.69 2019 428-429(430-431)

検索結果

  1. アクティブコミュニケーションファニチュア
  2. Schema
  1. 428
  2. 429

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
428UCHIDAOFFICEcatalogVol.69steelcaseFURSYSニュートベイクICTツールピルヴィオコラボレーションサポートツールスキーマアクティブコミュニケーションファニチュア10■オープンユーティリティ■スタンドミーティングポイント12001455120024451200■パーソナルワークセット1245120012001245BOUNDARYFRAMESYSTEMSchema[スキーマ] ■レイアウト図H1860■レイアウト図H1860■レイアウト図H1560フレームをメインにしたレイアウトで、ワークスペースやミーティングスペースなどから、ゆるやかに仕切ったユーティリティスペース。オープンな場の雰囲気を保ったまま、必要な機能を空間に付加します。気になる背面からの視線をパネルで遮りながら、ソファをセットしたり、眺めのよい窓際に設置することで、個人作業に集中しやすい快適な空間をつくることができます。ミニマムなL字型レイアウトにハイテーブルとハイスツールをセッティングすることで、ワークスペース内にクイックなミーティングポイントを手軽に設えることができます。120024451200120024451200
右ページから抽出された内容
429ICTツールベイクsteelcaseFURSYSピルヴィオコラボレーションサポートツールニュートスキーマアクティブコミュニケーションファニチュア102027900120°120°90060060015751200249012002190900600600■プレゼンテーションスペース■ブレストポイント■グループワークスペースBOUNDARYFRAMESYSTEMSCHEMA施工・組立■レイアウト図H1860■レイアウト図H1860■レイアウト図H1860モニター取付パネルや吸音パネルを活用し、大人数での情報共有やプレゼンテーションに適したスペースをつくれます。オープンなレイアウトで通りがかりの人も参加しやすく、アイデア発想の活性化につながります。フレーム全面にホワイトボードを設置した構造は周囲の視線を遮り、スペース内のワークに専念することができます。グループワークやブレインストーミングなど、集中したアイデア出しに適した空間を手軽につくれます。使うスペースは最小限に、かつホワイトボードやピンナップなど、必要な機能装備したセットをワークスペース内に設置することで、アイデア出しの機会を逃しません。120°120°2700397690090090010831200

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。