木とくらす 日本の木でできた家具 20-21(20-21)

検索結果

  1. 木とくらす_2版_180329_納品PDF用_単ページ
  2. 空白ページ
  1. 20
  2. 21

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
発刊 株式会社内田洋行〒104-8282東京都中央区新川2-4-7○カタログ制作 株式会社内田洋行○掲載商品の仕様・価格・発売期間・デザイン等は予告無く変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。○印刷の都合上、実物と多少色・仕様が異なる場合がございます。○お客様相談センター:フリーダイヤル0120(077)266○カタログ発行:2018年4月杉材について本カタログ掲載の日本の木でできた家具シリーズは、国産の杉を使用しております。素材の特性について予めご理解いただき、正しくお使いください。●軟らかさについて杉は軟らかいため、打痕や傷がつきやすい素材です。そのため筆記具などの跡が残る恐れがあります。筆記の際は下敷きやデスクマットをご使用になることをお勧めします。●節について杉は針葉樹ですので、広葉樹に比べて枝が多く、節が多く見られます。本商品では機能上、問題のない節は残して、パテ埋めを施しております。また節の数や大きさには商品ごとにばらつきがあります。●塗装について無塗装の場合、杉の触感、風合い、香りをそのまま感じることができますが、その反面、表面には汚れや輪染み、手垢などがつきやすくなります。汚れのつきにくいウレタン塗装仕上げもご用意しておりますので、用途に応じてお選びください。●反りについて杉は吸湿性が高いため、使用環境の湿度と温度の変化によって若干の反りが発生することがあります。●形状について本商品に使用しているパネル材は、断面に穴の開いた特徴的な形になっております。無理に指を入れたり、物を押し込んだりしないでください。けがや破損の原因となります。●経年変化について杉はお使いいただいている間も、空気中の水分を吸ったりはいたりして変化しています。使用環境が杉の変化に大きな影響を与えることを、予めご理解ください。[変形/割れ]高温多湿の場所、直射日光のあたる場所、空調が直接あたる場所などに設置しますと反りや割れが発生しやすくなります。[色の変化]少しずつ飴色に変化していきますが、光のあたる量によって変色の進行具合は異なります。●色について本商品は天然木を使用しておりますので商品ごとに木目、色が異なります。
右ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。