オフィスをもっと快適に~ワーカーを支える健康的なオフィスづくり 1(1)

検索結果

  1. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
抽出されたテキストデータはありません。
右ページから抽出された内容
メンタルヘルス(mentalhealth)を直訳すると「こころの健康」です。パワーハラスメントや長時間労働が原因でこころの健康を害し、休職や退職する方が年々増え、問題となっています。メンタルヘルス対策として、労働安全衛生法の一部を改正する法律の成立にともない、2015年12月より従業員50名以上の全ての事業所に対して、ストレスチェック(心理的負担の程度を測るための検査)が義務化されました。企業のメンタルヘルスへの取り組みは収益増加につながります。快適なオフィス環境で社員の満足度向上をはかるとともに居心地のいい職場創造によって組織の活性化・従業員のモチベーションアップをはかることも大切です。メンタルヘルスへの取り組みで期待できる効果優良な職場環境による生産性の向上業務負担による追加残業などの労務コスト抑制医療経費や保険料率引き上げの抑止メンタルヘルス対策についてオフィスをもっと快適に。ワーカーを支える、健康的なオフィスづくり。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。