OFFICE CATALOG Vol.68 2018 64-65(66-67)

検索結果

  1. ICTツール
  1. 64
  2. 65

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.6864その他スマートタイムシェア資料提示装置リアルサイズプレゼンタークリックシェアオイテミンフォ2プロジェクターデルディアユビックパネルスマートルームズ大型ディスプレイスマートボードコデマリワイビアスマートクリックサーフェスハブ電子情報ボードモバイル会議遠隔会議システムサーフェスハブICTツール01チームコラボレーションデバイス SurfaceHub[サーフェスハブ]SurfaceHub55インチSurfaceHUB84インチ外形寸法806.4×1514.3×85.8㎜1171.5×2202.9×105.4㎜本体重量48kg127kgディスプレイ解像度1920×1080@120Hz(FullHD)3840×2160@120Hz(4K)タッチ投影型静電容量方式光学接合センサーストレージ/RAM128GBSSD/8GBRAMCPU/グラフィクスIntelCorei5/IntelHD4600IntelCorei7/NVIDIAQuadroK2200OSWindows10TeamネットワークWi-Fi(802.11a/b/g/n/ac/x)、Ethernet1Gbps、Bluetooth4.0LowEnergy、NFCリーダー、Miracastオーディオ/ビデオ1080p全面カメラ、広視野角(100°)のワイドアングル、ハイパフォーマンス4エレメントアレイマイク、ステレオスピーカーアクセサリースタイラス(ペン)、ワイヤレスオールインワンキーボードセンサーパッシブ赤外線プレゼンスセンサー、照度センサーMicrosoftSurfaceHubは、チームワークを変える・会議を変える大画面コラボレーションデバイス。SkypeforBusinessを使った遠隔会議を効率的に行い、生産性の高い会議を実現します。MicrosoftSurfaceHubはコラボレーションデバイスです。チームワークにかかせないディスカッションをホワイトボードを活用して実現したり、持ち込んだPCの資料を共有したり、いつもの会議が効率的に行えます。また、SkypeforBusinessを活用してワンタッチで始まる遠隔会議を実現。どこにいてもチームでつながることができ、効率的な会議のサポートをします。■SurfaceHub主な仕様MicrosoftSurfaceHubSurfaceHubの特長■活発な情報共有や意見交換が可能■SkypeforBusinessが誰でも簡単につながる■使うのも運用も楽々■いつもの会議をスムーズに生産性を向上ホワイトボード豊富な機能を備えたOneNoteを標準搭載。無限に広がるホワイトボードを活用することで、より多くの情報を共有し、活発な意見交換とアイデアの共有を促します。ワンタッチで会議開始Outlookの会議予約からSkype会議を予約すれば、ワンタッチで簡単に会議をスタートできます。直感的な操作感応答性に優れたタッチ入力とペン入力で、ストレスなく直感的に操作できます。また、大画面を活かして、2人で同時にペン入力することも可能です。議事録送付をスムーズに会議終了後、ホワイトボードに書いた議事録をメールで直ぐに送付できます。会議後の間接工数削減につながります。アプリを活用多彩なユニバーサルWindowsプラットフォームアプリを利用できます。3DCADやBIツールなどを活用して、顧客とより円滑なコミュニケーションも可能です。必要なメンバーとすぐつながる会議の途中でも、予約をしなくても、拠点や名前を検索してタップするだけで、会議に招待できます。離れた拠点のメンバーともすぐにつながります。オールインワン型の製品ディスプレイだけでなく、カメラ、マイク、スピーカー、センサー、WindowsPCなどを搭載したオールインワン型の製品。すべてを内包しているため、操作しやすくどなたでも使えます。Officeとの連携もスムーズパワーポイント・エクセル・ワードなど、画面に映したプレゼン資料を直接ペンで編集できます。そのまま保存して共有すれば、会議後に資料修正したり配布する手間を省けます。Wi-Fi/Bluetoothワイドアングルカメラワイドアングルカメラモーション・輝度センサーモーション・輝度センサーペンと充電ドックペンと充電ドックNFCリーダー液晶ディスプレイマイクアレイパソコン内蔵スピーカースピーカー
右ページから抽出された内容
65受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。その他スマートタイムシェア資料提示装置リアルサイズプレゼンタークリックシェアオイテミンフォ2プロジェクターデルディアユビックパネルスマートルームズ大型ディスプレイスマートボードコデマリワイビアスマートクリックサーフェスハブモバイル会議電子情報ボード遠隔会議システム遠隔会議システムICTツール01遠隔会議システム Vidyo[ヴィディオ]受注品遠隔会議システム HDコム会議室だけでなく、さまざまな場所で遠隔会議をしたい!専用端末、パソコン、モバイル端末が混在できるVidyoだから会議室同士だけでなく、あらゆるシーンで役立ちます。例えば会議室がなく専用端末を置くことが難しい店舗や、現地視察に行った出張先でもOK。モバイル端末ならカメラを自由に動かして、現地の様子などを会議室にいる相手にリポートすることも可能です。すべての人に、いつでも、どこでも。新世代ビデオ会議システム。Vidyoは、ネットワーク帯域が拠点ごとに異なるインターネット環境で利用できるシステムですので、無線LANアクセスポイントやデータ通信カードを利用して、自宅や外出先からでも遠隔会議に参加することができます。専用端末からノートパソコンに至るまで相互に運用可能で、高画質環境も安価に構築できます。また、VidyoGatewayを利用することで、既存のビデオ会議システムとの接続を実現します。さらにiPadなどのモバイル端末に対応し、会議室同士だけではなくあらゆる利用シーンで役立ちます。■インターネット環境で高品質な遠隔会議を実現■パソコンと専用機が混在するクライアント環境を構築MCUを必要としない設計で遅延を極力減らし、ストレスの少ない高品質な会話を実現しました。多地点接続装置(MCU)不要で低遅延画像が乱れる従来のビデオ会議画像が乱れないVidyo拠点間でネットワーク帯域や画質が異なる場合でも、各々が環境に適した品質でデータを受け取ることができます。さらに、通信状況が悪化しても画像の乱れを抑えることが可能です。異なる速度・画質間の通信に対応VidyoRoomVidyoDesktopVidyoPortal/RouterVidyoGatewayVidyoDesktopVidyoMobileインターネット会議室モバイル端末モバイル端末個人パソコン他社システム個人パソコン概念図会議室自宅出張先データ通信無線LAN社内LANインターネット■HDコム VC2000J/VC1600J/VC1300J主な仕様VC2000JVC1600JVC1300J端末方式IETFSIP、ITU-TH.323画像圧縮方式H.261(メインストリームのみ)、H.263、H.263+、H.263++(受信のみ)、H.264HighProfile、H.264BaselineProfile音声符号化方式G.711μ-law/A-law、G.722、G.722.1、G.722.1AnnexC、MPEG-4AAC-LD遠隔カメラコントロールH.224、H.281(ズーム/パン/チルト/プリセット)デュアルストリームH.239、BFCP(SIP)暗号化SRTP(AES128‐bit)、H.235(AES128‐bit)通信速度256kbps∼24Mbps256kbps∼18Mbps対応解像度・フレーム数最大1920×1080p・60フレーム/秒画面表示フルスクリーン、PinP、PwithP、SidebySide入出力端子映像入力カメラ:HDMIメイン×1、HDMIサブ×1  パソコン:HDMI×1、RGB×1映像出力HDMI×2、HDMI×1(自拠点/録画用)、RCA×1(コンポーネント)HDMI×2音声入力専用デジタルマイク×1(KX‐VCA001)最大4台、専用アナログマイク×1(KX‐VCA002)最大1台、HDMI、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)音声出力HDMI×1、ステレオミニプラグ×1(φ3.5㎜)、RCA×1(ステレオ)ネットワークRJ45×2RJ45×1外部制御RS-232C×1(メンテナンス用兼用)同時接続地点数16地点(24地点まで拡張可)6地点(10地点まで拡張可)4地点コンテンツ共有PC(RGB/HDMI)、サブカメラ(HDMIサブ)外部制御Webブラウザ経由/HTTPCGIでの制御、TELNET、RS-232C接続モード標準モード、つながるねっとサービスモード、標準・つながるねっとサービスモード表情や細かなしぐさまで伝わるフルHD高画質と、同時に話してもクリアに聞こえる全二重ステレオ高音質を実現しました。業界最高水準の最大解像度1080p・60フレーム/秒により、きれいでスムーズで高画質なビデオ会議の運用を実現します。※VC2000J同士はもちろん、VC1300Jとの組み合わせでもご利用いただけます。 (HDコム専用カメラ:GP-VD151J/VD131Jとの組み合わせ)■1080p・60フレームの高画質VC2000Jは標準で16地点まで接続可能です。オプションで最大24地点まで拡張することができます。VC1600Jは標準6地点(最大10地点)、VC1300は標準で4地点まで接続が可能です。■内蔵MCU 最大24地点接続最大1080p・30フレームで、カメラ映像とパソコン資料やサブカメラを同時に送信可能なデュアルストリームに標準で対応しています。■デュアルストリームによるカメラ映像と資料の共有Windows/iOS/Androidのラインナップをご用意。「HDコム専用接続サービスつながるねっと」で、社外からも低コストでかんたんに社内とビデオ会議がつながります。■マルチデバイス対応VC2000Jの録画用HDMIとT4000Rを接続することで、高画質映像をダイレクトに、光ディスクやハードディスクに保存記録することができます。■フルHD画質での録画機能(Panasonic業務用レコーダーDMR-T4000R連携)デュアルモニタ対応4地点フルHD16地点(最大24地点)対応の最上位モデルトリプルモニタ対応6地点対応フルHD(最大10地点に拡張可能)KX-VC1300Jオープン価格KX-VC2000Jオープン価格KX-VC1600Jオープン価格*3極ステレオミニプラグ専用です。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。