OFFICE CATALOG Vol.74 2024 W29-W30(920-921)

検索結果

  1. web限定掲載商品
  2. 事務用チェア
  3. Ludio
  4. web限定掲載商品
  5. 事務用チェア
  6. Leap
  1. W29
  2. W30

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.74W29事務用チェア掲載ページへ戻るスチールケースは、このチェアを開発するに当り、人間工学などの専門家、科学者、大学機関からなるチームを編成し、座っているときの背骨の動きを細かに研究し、さまざまな市場調査も実施いたしました。そして目には見えなかった以下の4つの発見を基に、その解決策としてリープチェアが誕生しました。1.背骨は、単一のものとして動いていません。2.背骨の動きは個々によって違うのです。3.背骨の上位と下位では必要なサポートの量と種類が異なります。4.背をリクライニングさせると骨盤は前に動こうとします。リープは“すべてが新しい”“ユーザーにやさしい”という言葉に新しい意味を与えました。5年間に及んだリサーチと開発、テスト、そして23の特許に保護され、これまでのどんなチェアよりもユーザーの要望に応えうるチェアを初めてつくり出すことに成功しました。CONCEPTライブバック調節脊髄への負荷を軽減します。(背もたれとのすき間を埋めて脊髄の自然なカーブをキープします)背もたれの上下独立した調節機構は、リープだけが持つテクノロジーです。従来のチェアリープナチュラル・グライド・システムリクライニングしてもディスプレイと目線の高さがずれにくく、パソコンを操作する手元の位置も変わりにくいシステムです。人間工学の視点から誕生した高機能チェア。リープのオリジナルテクノロジーが、まったく新しいステージの快適さを実現しました。フルアジャスタブル肘肘掛け部の多彩な動きにより、リクライニングした体勢での快適なマウス操作の実現と、長時間のタイピング作業時の疲労度を軽減します。フルアジャスタブル肘の多彩な動きが、デスクワークを快適にサポートします。リープのフルアジャスタブル肘は、柔らかい肘パッドの採用により快適性を大幅に向上させました。前傾姿勢時の大腿部への負荷を軽減する座前縁部チルト機構(フリー)。座奥調節機構さまざまな人の体格にフィットさせるために、座の奥行きを調節できます。また、後傾作業時に座奥を大きく取ることにより、ゆったりと使用できます。上下ストローク100㎜前後ストローク75㎜どうして腰が痛くなりにくい?どうして腕・肩にやさしい?さまざまな体格の人が座るチェアだから。どうして目が疲れにくい?Leap®[リープ]※イメージ写真はオプション仕様です。ランバーサポートは付いておりません。
右ページから抽出された内容
W30※価格は税抜き本体価格です。受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。 の商品は納品までに多少の時間をいただきます。ご注文の際は納期をご確認ください。事務用チェアジャンル名Leap®[リープ]■本革張りタイプリープ(AP-10100)HWPD肘付5-312-7201*¥396,500本革張りブラック(MontanaLeatherM351)■ブラックフレーム■プラチナムフレーム■クロスタイプリープAP(LEAP-10100)5-312-80##*¥277,100リープAP(LEAP-20100)5-312-81##*¥301,300布張り(OTTO) カラーは■##に番号を指定してください。□カラーバリエーション11ピーコック(K601)12ハニー(K605)13ラグーン(K610)14サフラン(K607)19メルロー(K608)21オーバジーン(K609)23スモーク(K612)26チャコール(K615)受注品機構リクライニング形態ライブバック、ナチュラル・グライド・システムリクライニング機構リクライニング・フリー、リクライニング範囲調節、リクライニング強度調節座面調節機構ガス式上下調節、座タックリング、座奥調節材質背座部モールドウレタン/布張り、本革張り背裏部樹脂肘 部樹脂+ジェルフォームパッド脚 部ブラックフレーム/強化プラスチック(PA)プラチナムフレーム/アルミニウム、塗装仕上げキャスター部ナイロンキャスター686458553∼629394∼521972∼1099324∼508(肘内寸)559∼686102※座高は座ったときを想定した高さであり、無荷重時の高さとは異なります。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。