OFFICE CATALOG Vol.74 2024 52-53(54-55)

検索結果

  1. ICTツール
  2. wivia
  1. 52
  2. 53

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.7452ICTツール01ワイヤレス画面転送装置 wivia[ワイビア]会議室、ミーティングスペースなどに幅広く設置可能な社内LAN接続型のワイヤレスプレゼンテーションシステム。wiviaR+の特長Windows、Mac、iPad・iPhone、Androidに加えChromebookにも対応。幅広い端末から利用できます。マルチOS対応2映像ケーブルを挿さずに画面を映せる1使いやすい操作画面31wiviaを表示装置やネットワークに接続。※必要に応じ各種設定を行ってください。3接続操作を行い、発表スタート。▼▼2端末で専用アプリを起動。※OSによりアプリの有無や手順が異なります。wivia(ワイビア)は、ネットワークと表示装置に接続することで、パソコン・スマートフォン・タブレット端末の映像をミラーリングする装置です。ケーブルへの接触を減らしながら、会議や研修などをスムーズに進行できます。※本機をWi-FiアクセスポイントやWi-Fi子機にする構成についてはお問い合わせください。事前検証をお勧めします。※この構成の場合、本機に接続中の端末は既存ネットワークやインターネットに接続できなくなります。■wiviaR+wiviaR+AS-201-U4-850-0531オープン価格■ワイヤレス画面転送装置※映像・音声ケーブル、LANケーブルは別売。●付属品:ACアダプター(コード長1.5m)、取扱説明書、保証書(保証期間2年)これまでのwiviaシリーズ同様に親しみやすい操作画面。マニュアルがなくても直感的に使えます。接続後画面レシーバー一覧画面スマートフォン・タブレットスマートフォン・タブレットPCPCタッチパネルと組み合わせてミーティング資料に書き込みながらディスカッション。プロジェクター2面にアジェンダと各参加者の資料を提示してワークショップを進行。■機器構成例モニターまたはプロジェクターPCスマートフォン・タブレット最小構成(スタンドアローン)wivia通常構成(既存ネットワークに接続)HDMI/VGAWi-FiLANwiviaインターネット業務サーバなど1Fアクセスポイント2Fプロジェクターモニター接続ボタン操作パネル発表開始ボタン
右ページから抽出された内容
53ICTツール01wiviaは商品別カタログをご用意しております。商品別カタログwiviaR+の主な機能■wiviaR+主な本体仕様※各仕様は予告なく変更となる場合がございます。対応OSWindows10∼11、macOS10.15以降、iOS/iPadOS14以降、Android10以降、ChromeOS84.0以降※1対応ミラーリング方式AirPlay※2、GoogleCast※2、独自方式(専用アプリおよびWebブラウザ)映像出力HDMI:最大3840×2160(4K)※3、VGA:最大1920×1080(1080p)音声出力HDMI、ステレオミニ(3.5㎜)Wi-FiIEEE802.11ac(Wi-Fi5)2.4GHz/5GHz※4切換利用APモード:WPA2-PSK(AES)対応、8台接続可能、子機モード:WPA2-PSK/802.1x対応※5有線LAN10/100/1000Mbps、RJ-45端子、PoE受電対応USB端子※6USB2.0Type-A×1、USB3.0Type-A×1、USB3.0Type-C×1電源AC100V0.8A、DC12V2A(ACアダプター)またはPoEDC48V0.32A外形寸法(W×D×H)※7170×105×31㎜(アンテナ部を含め約170×137×128㎜)質量約500g(電源アダプター・無線アンテナ含め約660g)認証・適合規格PSE(電気用品安全法)、技適(電波法・電気通信事業法)、VCCI※1.音声が複数の端末から送信された場合は、混合して出力されます。 ※2.Windows・Macの専用アプリでのみ対応の機能です。 ※3.各画面(または各映像系統を構成する分配器等)に1台本機を接続し、各本機とPCを既存ネットワークに接続してください。また、端末や環境によっては接続が不安定になることがあります。 ※4.旧機種(wivia5以前)のアプリとの互換性はありません。機種が混在する場合は、それぞれに対応するバージョンのアプリをお使いください。 ※5.Windows・Macの専用アプリおよびWindows・ChromebookのWebブラウザでのみ対応の機能です。 ※6.選択ウィンドウのみ発表中は音声は送信されません。 ※7.同一サブネット内の1台の本機に対してのみ接続可能です。異なるセグメントや、mDNSに非対応のネットワーク等では接続できません。また、一部のアプリやコンテンツの画面が表示できない場合があります。※8.MicrosoftEdge(Windows)およびGoogleChrome(Windows、ChromeOS)でのみ動作します。 ※9.本機にタッチパネルまたはマウスを接続する必要があります。また、機器の仕様によっては動作しない場合があります。 ※10.リモート操作機能は発表元がWindows・Macの専用アプリの場合のみ動作します。 ※11.専用アプリ以外の方法で接続した端末に対しては、切断のみが可能です。※12.Windows・Mac・iOS/iPadOS・Androidの専用アプリのみ対応の機能です。※Webサイト(https://www.uchida.co.jp/wivia/)に掲載のサポート情報やドキュメントを随時ご確認ください。 ※お買い上げ後はファームウェア更新を行ってからお使いください。 ※端末の負荷やネットワーク通信の状況によっては、遅延・コマ落ち・切断などが発生することがあります。 ※仮想OS環境・シンクライアント環境はサポートしておりません。 ※使用後は電源を切ってください。高所や閉所などに設置する際は、利用者が容易に操作できる場所に中間スイッチを設置してください。 ※高い信頼性が必要な用途には、あらかじめ代替手段や冗長構成などの措置を講じてお使いください。また、人命に関わる業務や社会インフラなど、極めて高い信頼性が必要な用途には使用しないでください。画面を分割して、最大4人が同時に発表できます。各自の画面は発表順に自動配置されます。1台のPCから同時に8台までの本機に接続・発表できます。画面が複数ある部屋で同時に表示したり、複数の部屋にまたがって表示できます。Windows、Chromebookからは、専用アプリを使わず、ウェブブラウザで本機にアクセスして画面を発表することもできます。本機にタッチパネルやマウスを接続すると、ペンツールで画面に注釈を書き込んだり、表示元のPCをリモート操作でき、プレゼンや会議を効果的に進められます。iPad・iPhone・Macの画面ミラーリング機能、Android・Chromebookのキャスト機能に対応。専用アプリを使わずに画面を映せます。■AirPlay・GoogleCast対応■ブラウザからの画面ミラーリング■画面書き込み・リモート操作MENU※6、※8※7画面全体の代わりに、選択したウィンドウだけを表示することもできます。不要な情報が表示されるのを防止したり、発表中に手元で別の作業ができます。ABCDADBC■複数名の分割表示(多対1)■複数画面への同時表示(1対多)■発表ウィンドウ選択機能※1※2、※3、※4※5、※6機器本体やアプリケーションを簡単な操作で最新版に更新できます。■画面の手元閲覧機能■オンラインアップデート機能本機にタッチパネルやマウスを接続すると、接続中の端末に対して、発表の開始/停止、音声のオン/オフなどをコントロールできます。■発表のコントロール(モデレーション)※9、※10※9、※11発表中の画面を、他の参加者が手元のPCで閲覧し確認や保存ができます。※12※1専用アプリではなくGoogleCastおよびブラウザでの対応。※2各規格との完全な互換性を保証するものではありません。※3VGAとの併用時は最大1080p。※4W52(36∼48ch)。※5802.1xはIDとパスワードを使用する認証方式に対応。すべての環境での接続性・安定性を保証するものではありません。※6タッチパネル(電子黒板)、マウス、ストレージ機器のみ対応。すべての機器との互換性を保証するものではありません。※7突起部を除く。電源ボタンUSB3.0Type-C端子USB3.0Type-A端子無線アンテナ音声出力端子HDMI出力端子USB2.0Type-A端子VGA出力端子有線LAN端子電源アダプター端子LookP.72タッチパネルディスプレイを掲載しております。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。