木とくらす 日本の木のワークスペース 14-15(14-15)

検索結果

  1. 14
  2. 15

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
14木とはたらくシンプルな構造で、どんな空間にもなじむスチール脚と、杉の素材感を感じられる天板のデスク。使い方の変化にも対応する、自由に組み合わせて使えるベンチ。コミュニケーションの活性化と集中できる環境が、感じ良いオフィスを実現します。02 
右ページから抽出された内容
15幅180、210cmタイプ6∼8人幅240、280cmタイプ8∼10人張り出しタイプにすると短辺にも座れます。[ワークテーブルの構造][構造]●組み合わせ例●張地[ワークデスクの構造]日本の木でできたワークテーブル/ワークデスク日本の木でできたベンチ天板と脚だけで組み合わせた、シンプルなワークテーブルです。組み合わせて様々なシーンに使えるベンチです。幕板がついた、パーソナルタイプのデスクです。配線ボックス脚脚幕板天板天板45cm直線型L字型右肘+左肘背あり+右肘●座面下の収納シーンに合わせて3種類(計9色)の張地からお選びいただけます。※詳細はP16をご参照ください。座面の下にボックスなどが収納できます。アクリルアムンゼン織撥水ポリエステル平織ビニールレザー幅180cmタイプ2人幅120、150cmタイプ1人●サイズ●選べる脚位置幅180、210、240、280cmタイプから選べます。奥行120×高さ72cm(全サイズ共通)●サイズ幅120、150、180cmタイプから選べます。奥行64.5(コード収納含)×高さ72cm(全サイズ共通)※天板奥行は60cm●コード収納幕板には配線受けがついており、パソコンや照明のコードがすっきりおさまります。240、280cmタイプのみ脚の位置が選べます。          

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。