木とくらす 日本の木のワークスペース 6-7(6-7)

検索結果

  1. 6
  2. 7

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
6オフィスが変わると、はたらき方が変わる。ものに愛着を持ち、大切に使う。空間に余白をつくる。自分らしく彩りを添える。・・・感じ良いくらしづくりに必要なことは、家でもオフィスでも変わりません。整えられたワークスペースは集中力を生み、リラックスできる共有スペースがあることでコミュニケーションのきっかけがうまれます。
右ページから抽出された内容
7010203日々増えていく書類やファイルも、あるべき場所を明確にすると、探す時間やスペースのムダがなくなります。個人や部署で所有しているものは、オリジナルのしるしをつけて管理できるよう、スタンプやラベリングサービスもご用意しています。美しくしまう→P8はたらき方に合わせて、収納を計画します。杉材を使用したデスクの表面は、無塗装、もしくはウレタン塗装からお選びいただけます。使い続けることでできた傷や汚れも、メンテナンスしながら愛着を持って永くお使いいただけます。木とはたらく→P14収納を整え、生まれたスペースに集中してはたらける環境をつくります。打ち合わせやコミュニケーションの場として使えるテーブルやベンチ、心安らぐグリーンや本棚を配置し、自然と人が集まる心地良い空間に仕上げます。空間を彩る→P18感じ良くはたらくために「はたらく場の彩り方」を考えます。内田洋行が提案する感じ良くはたらく場のつくり方

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。