SmartInfill Solution 5-6(6-7)

検索結果

  1. 5
  2. 6

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
5 SmartInfill Solution いまも、その先も、強いワークプレイスを創りだす Box in Box※の発想から生まれたシステムユニット、「スマートインフィル」をベースに設計することで、 ワークプレイスプラットフォームを効率的に構築。建築躯体から独立して、アルミフレームをベースに 壁面、ドア、パネル、デスクなどのモジュールを自由に組み合わせてワークプレイスを創りだす手法により、 大規模な工事を行うことなく、自由な設計が可能になります。 また、従来は建築躯体側の設計となっていた電源やネットワーク、照明の配線や配置を 「スマートインフィル」に装着することで、効率的に構築可能。ワークプレイスの変更時にも 電源やネットワークの配線、照明の設置、エリアごとのセキュリティレベルの変更まで、 柔軟に対応することが可能です。 建物という外側の「箱」の中にユビキタス・プラットフォームとなる内側の「箱」を構築し、 そこにネットワークインフラとさまざまなデバイスやICTサービスを装着する、 ウチダが提案する新しい空間構築の考え方。 ■ 自由自在なエリア・プランニングが可能 ■ フレーム配線による効率的なネットワーク配線を実現 ■ フレーム配線による効率的な電気系統配線を実現 ■ LED照明をはじめ躯体と独立した照明システムを構築可能 ■ ICT環境をスムーズに構築可能 ■ セキュリティシステムをスムーズに導入可能 SIS 03SmartInfill Solution スマートインフィルのアルミフレームに配線することで、従来の床下配線によるレイアウト 変更のような大がかりな作業が不要に。ポールの溝を利用して、電源コンセント、LANなど のネットワークコンセントの取り付けが可能です。 建築躯体に手を加えることなく、ICT空間を容易に構築するためのシステムユニット。 アルミフレームのベースに、パーツやデバイス、ICT機器、モジュールなどをマウントするこ とで、多様な空間を構築することができます。また、構築後の組み替え、増設、デバイスやモ ジュールの取り替えも柔軟に行うことができます。 電源・ネットワークスマートインフィル 【 Point 】 スマートインフィルをベースとした、建築躯体に依存し インフラからモジュールまで、1つのシステムとして設計。 ※Box in Box(ボックス・イン・ボックス)とは ・
右ページから抽出された内容
6SmartInfill Solution 壁面、ドアパネルを自由に組み替えることができるので、ワークプレイスの変更による セキュリティレベルの変更にも柔軟に対応できます。 セキュリティ 省エネルギーを実現するLED照明を設置可能。また、制御システムを導入することで、 より省エネルギーに貢献することができます。 タスク型、アンビエント型の照明も設置可能です。 照明 ないスペース設計。 LED照明 ネットワーク 電源 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。