OFFICE CATALOG Vol.67 2017 134-135(136-137)

検索結果

  1. 国産材活用家具
  1. 134
  2. 135

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.67134国産材活用家具05国産材で「感じ良い」働き、学びを。天然の木が創りだす感じ良い空間には、自然と人が集まり、コミュニケーション量の増加や思考の転換を促します。中でも国産材の多くを占める杉は、柔らかな触感と穏やかな木目を持った木材です。割れたり変色したり、経年変化という天然木ならではの欠点とも付き合いながら、人を惹きつける「感じ良い」を持った商品づくりを目指しています。●「木造校舎の教育環境」(橘田紘洋、(財)日本住宅・木材技術センタ) ●「木材研究資料№11、1977」(則元京他) ●「森林総合研究所宮崎良文他」●「木材学会誌vol.47スギ樹皮の抗菌活性とその関連成分」(岩手大学小野田久義、藤原陽治、佐々木達也他) ●「北海道立総合研究機構林産試験場林産試だより2013年2月号」●「建築アラカルト」(宇野英隆鹿島出版社1986年) ●「木造建築研究フォーラム1990年」 ●「木を生かす日本木材備蓄機構1989年」参考文献杉に特殊な加工を施すことで表面を硬くしたり、割れにくくしたり、変色しにくくすることは可能です。でも、特殊な加工をするほど、杉の持つ12の効能が損なわれていきます。内田洋行では、特殊な加工をしない、または最低限に抑え、「感じ良い」空間に不可欠な12の効能を最大限発揮できる商品づくりを心がけています。木との付き合い方をまとめた冊子「木準」もご用意しております。詳しくは当社担当営業までお問い合わせください。多くの企業がコミュニケーションをオフィスコンセプトに挙げています。人が自然と集まり、長居したくなる「感じ良い」空間は、コミュニケーションに適切な場です。杉の持つ12の効能は、このような「感じ良い」空間を生み出します。「感じ良い」をつくる、杉の12の効能POINT1人が集まり、とどまることで、コミュニケーションの量が増える。いつもと異なる有機的な空間で、いつもと異なる視点や考えが生まれる。調湿機能やストレス軽減で、健康的に。「感じ良い」「杉の12の効能」商品別カタログ商品別カタログをご用意しております。商品別カタログ商品別カタログをご用意しております。肌触り脳活性化調湿香り消臭断熱防ダニインフルエンザ対策紫外線吸収音響効果衝撃吸収抗菌夏は冷たく、冬は暖かく感じる。木はとても人に優しい素材です。脳活性化に好影響があるとされる【α-ピネン】が多く含まれています。湿度を吸ったり吐いたりするため、いつでも快適な湿度に保たれます。スギの香りには鎮静作用があることが知られています。ホルムアルデヒドを分解したり、匂いを吸収する性質を持っています。床に敷くだけで、温かく輻射熱も少ないので、部屋の上下で温度を均一に保ちます。紫外線を90%吸収し、ブルーライトも70%カット。目に優しい反射光を生み出します。木質化空間では、音がまろやかに聞き取りやすくなります。パイプ状の細胞が柔軟に変化して、クッションの役目を果たします。フェルギノールと呼ばれる、抗菌成分を多く含んでいます。ダニの繁殖を抑えることが出来ます。木質化された教室では、インフルエンザによる学級閉鎖の割合が、半分近くまで減少しました。05DOMESTICTIMBERPRODUCTS国産材活用家具国土面積の67%を森林が占める日本は、世界第3位の森林大国ですが、木材自給率はたったの30%。本来なら育成され保全されるべき山が放置されています。人工林のおよそ半分を占める杉を適切に使い、山を最適な状態に保つ。それが子どもたちに、そして100年後の未来に、今の私たちができることだと考えます。山と暮らしの循環に私たち一人ひとりが気づくことが大切です。子どもたちに、そして100年後の未来にPOINT2大都市の繁栄は地方によって支えられています。しかし、人やモノは大都市に集中し、地方の活力低下を引き起こしているのも事実です。私たちは国産材活用家具の材料調達から製作までをなるべく現地で行うことにより、地方の家具・木工業界の活性化や産業振興の一助にしたいと考えています。地方の活性化を進めるためにシェルフやデスクの材料に、杉を製材するときに出る端材を活用した家具。これまで捨てられていた部分も無駄にせず、有効活用しています。地域産材対応はできません。日本の木でできた家具シリーズ以下の商品別カタログもご参照ください。WooDINFILL「BoxinBox」で、大掛かりな工事を行うことなく、部屋の中にもう一つの部屋をつくり出します。地域産材対応可能です。http://www.uchida.co.jp/woodinfill/
右ページから抽出された内容
13505コモンズテーブルaoスカエナAL-S09ノティオレムナアルプレスHS・BEスギカラプラッテアシカラポルカタコマツの木づな圧縮材T型アシカラRODSCAENAデスクシステム146圧縮材シリーズT型143series杉は比重が軽くてあたたかみのある木材ですが、それは同時に軟らかいというデメリットでもあります。それを克服する技術が加熱圧縮という技術です。圧縮することで強度が増し、シャープなデザインが可能になりました。素材の個性を生かしたシリーズです。aoシリーズ136aoシリーズは、内田洋行がこれまで行ってきた国産材活用をさらに一歩進めた画期的な製品です。従来の木製家具にはない軽やかさとデザインが特長です。オフィスでも、学校でもお使いいただけます。®series国産の杉・檜材を集成したシリーズです。集成材は欠点を省いたり長さ方向に自由につなげていくことができるため、建材や家具用の材料として使用されています。集成することで狂いや欠点の少ない強度ある材料になります。システムカウンターVisit738Arcena188ハイパーストレージHS・BEストレージユニット天板148ALPLACEユーティリティユニット148polka.141PLATTE141ホワイトボード付きディスプレイスタンドAL-S09141ASHIKARARODシリーズ145SUGIKARAシリーズ142ASHIKARAシリーズ144宮崎県日南市と地元の木工・建具・製材・林業や、それ以外の業種のメンバー、そして株式会社内田洋行、ナグモデザイン事務所が協同で行っているプロジェクトです。「飫肥杉」を媒介に、役所と企業とメーカーと市民が繋がり、家具開発だけにとどまらず、まちづくりに広がる展開を行っています。obisugidesignミーティングテーブルnotio140Commonsミーティングテーブル139LEMNA138

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。