OFFICE CATALOG Vol.67 2017 370-371(372-373)

検索結果

  1. 370
  2. 371

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDA OFFICE catalog Vol.67370 それは、まるで高い知性を持つ生物のように、 座る人の動きに、正確に、速やかに、反応する。 Pulse<パルス>──鼓動という名のオフィスチェア。 その知性は、人が座ることで、はじめて目覚める。 川上 元美 Motomi Kawakami デザイナー (カワカミデザインルーム / 代表) 1966年東京芸術大学大学院修了。アンジェロ・マンジャロッティ建築事務 所(ミラノ)勤務を経て、1971年カワカミデザインルーム設立。クラフト、プロ ダクト、家具、空間、環境デザインなど幅広い領域でデザイン活動を行っ ている。 毎日デザイン賞、Gマーク金賞をはじめ受賞多数。 ■ Designed by 快適かつ安定したリクライニングを実現する リアルシンクロⓇリクライニング 骨盤を立たせる、姿勢を安定化する 坐骨前方サポート Intelligent Chair 拇指球 大転子 JSSD 日本デザイン学会 2010年度年間作品賞受賞 リクライニング時に、人は足の裏で床を押 し、その力が骨盤を介して、背もたれに伝え られます。足の裏の力をスムーズに背もたれ に伝えられるように、大転子(股関節部)にリ クライニングの屈折点を設計。リクライニン グの繰り返しによる負荷を軽減しながら、ズ レを防止し、常に快適かつ安定したリクライ ニングを実現します。 Pulseのシートは坐骨部分 に合わせてお尻が沈み込む ように設計されました。座っ たときに、坐骨をやさしく包 み込み、着座位置がずれに くくなります。 北海道大学と北海道立心身障害総合相談所との共同開発 Ⓡ ・
右ページから抽出された内容
371 カラダを安定して支える 第三のカーブ 体格の違いを考慮した 座奥調整機構 胸のうしろと骨盤のうしろの2つのカーブに 加え、胸郭の下にあたるカーブを支えること で姿勢を安定させ、リラックスして座ることが できます。 メッシュバック・クロスバックタイプとも、背 の形状が座る人に合わせて柔軟に変化し、体 格の違いも補います。  座奥を調整することにより、体格の違いに よる調整はもちろん、休息時は長く、執務 時は短く調整することで、今まで以上に快 適な座り心地をご提供します。 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。