OFFICE CATALOG Vol.66 2016 144-145(146-147)

検索結果

  1. 国産材活用家具
  1. 144
  2. 145

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.66144タコマツの木づな圧縮材T型HS・BEレムナLMTアシカラポルカアルプレスノティオスギカラプラッテチームテーブルコモンズテーブルaoスカエナアシカラROD国産材活用家具05スギカラシンプルな飫肥杉製家具シリーズです。宮崎県日南市とのコラボレーションにより、良質な杉の活用促進に取り組んでいます。スツールH400400250400スツールH600600250300400ベンチW18004003001800テーブル1845720180045030テーブル1880720180080030テーブル241072030180024001000800新潟県六日町生まれ。1987年ナグモデザイン事務所設立。景観・土木のデザインから家具、インテリア、照明デザインなど、さまざまな分野で活動中。家具や環境、プロダクトのデザインを通じて、社会やまちづくりにおいてのデザインの可能性を探る。最近では、「日本全国スギダラケ倶楽部」を設立し、木の文化を広げる活動を全国で行う。南雲勝志+日本全国スギダラケ倶楽部DesignedbyKatsushiNagumoデザイナー(ナグモデザイン事務所/代表)飫肥杉飫肥杉(おびすぎ)とは宮崎県日南市付近を中心に育成されている杉です。油分が多く弾力性があるため良質な造船材として古来より利用され、地元の人々に親しまれてきました。本シリーズは日南市で育った飫肥杉のおおらかで素朴な表情をそのまま生かしています。※杉は軟らかい木材ですので打痕や傷がつきやすくなっております。筆記の際は下敷きやデスクマットをご使用になることをお勧めします。※杉は吸湿性が高いため、環境の温度変化及び湿度変化の影響で反りや割れが発生する場合があります。※天然木を使用しておりますので商品ごとに色、木目、節の数が異なります。※直射日光など紫外線の影響で経年により色が飴色に変化する場合があります。■テーブル■スツール■ベンチテーブル2410 オビスギ6-360-8439¥195,300スツールH400 オビスギ6-360-8409¥22,000スツールH600 オビスギ6-360-8419¥25,600テーブル1880 オビスギ6-360-8449¥173,500ベンチW1800 オビスギ6-360-8429¥36,200テーブル1845 オビスギ6-360-8459¥119,800SUGIKARA共通仕様●天板・背座面・脚部/杉SUGIKARAシリーズ[スギカラ]グッドデザイン賞SUGIKARAシリーズは2010年度日本商工会議所会頭賞を受賞しました。受注品●W2400×D1000×H720㎜●W400×D250×H400㎜●W400×D300×H600㎜●W1800×D300×H400㎜●W1800×D800×H720㎜●W1800×D450×H720㎜
右ページから抽出された内容
145タコマツの木づな圧縮材T型HS・BEレムナLMTアシカラポルカアルプレスノティオスギカラプラッテチームテーブルコモンズテーブルaoスカエナアシカラROD※価格は税抜き本体価格です。受注品・受の商品は受注生産品です。ご注文の際は納期をご確認ください。タコマツの木づな飫肥杉デザイン会ウッドスタート宣言内田洋行は、「ウッドスタート宣言」をいたしました。「ウッドスタート」とは、赤ちゃんが木と触れ合う環境を整えることで、赤ちゃん自身や子育てをする人が木のよさを知り、豊かな子育てを実現することをめざす活動です。内田洋行は、宮崎県日南市と提携し、社員に赤ちゃんが誕生した際、日南市でつくられた木製のおもちゃを「ファースト・トイ」としてプレゼントするという取り組みを展開しています。日南市製のファースト・トイ“うごくぞー”国産材カタログ「木のこと」が、2014年4月発刊されております。詳しくは当社担当営業にお問い合わせください。SUGIKARAとASHIKARARODは飫肥杉を使用して作られています。ASHIKARARODシリーズ143SUGIKARAシリーズ144飫肥杉デザイン会は、日南市と地元の木材関係者や市民、内田洋行、ナグモデザイン事務所が協同で行っているプロジェクトです。自治体と企業と市民がつながり、その動きは家具開発だけに留まらず、街づくりにまで広がっています。“obisugidesign”webサイトwww.obisugi-design.com東北復興木づかいプロジェクトタコマツの木づな被災木を家具として再生することで、海岸の松林や屋敷林としての美しい景色の記憶をしっかり残していきたい。そして被災地の元気をつなげていきたいーそんな願いから生まれたイスにタコマツと名付け、思いを託しました。内田洋行グループで取り組んでいる東北復興木づかいプロジェクト“タコマツの木づな”。被災木から東北地方の県産材へと、元気を広げる物語をつなげていきます。“タコマツの木づな”webサイトwww.takomatsu.jp/ご購入に関するお問い合わせ先:株式会社ウチダシステムズTEL03-3537-0888 FAX03-3537-0800e-mail:takomatsu@uchida-systems.co.jpタコマツイカマツフタゴマツノシマツコーンマツストラップピンバッジ

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。