OFFICE CATALOG Vol.66 2016 684-685(686-687)

検索結果

  1. 金庫
  1. 684
  2. 685

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.66684※ウチダのカタログに掲載の金庫は防犯上の理由から施錠装置の位置を画像加工してあります。19SAFES金庫耐火金庫とは日セフ連(日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会)では、金庫の種類や特長、使い方、収容物に対する事項などが表示されたシールを扉裏に貼ることで、ご使用になられる方に注意を促しています。●耐火金庫シール●耐火金庫シール(TS-15認定品)この金庫は、フロッピーなどの記憶媒体やフィルム、宝石・貴金属、皮革製品、精密機器、美術品など…火災の高熱、蒸気の発生に耐えられない物の収容には適しません。また収容物の長期保存は、変質・変形する場合がありますので、十分ご注意ください。●収容物シール1,2001,0008006004002000306090120放冷放冷放冷放冷放冷放冷30分耐火1時間耐火2時間耐火温度︵℃︶時間(分)8439271,010標準温度曲線一般紙は庫内が180℃以上になると記載された文字などの判読ができなくなるといわれています。このため、JISの耐火試験ではJISの標準温度曲線で表示された時間、加熱した条件で、庫内の温度が自然放冷時間も含めて177℃以下に保たれた場合に合格となります。【JISの耐火性能試験】【JIS規格について】【規格マークの見方】【日セフ連合マークについて】JIS規格(日本工業規格)では、1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに、さらなる性能向上を目的とし、世界的に知名度の高い米国UL規格と同等の厳しい規格に改訂しました。当社では、2000年4月1日に施行された新しいJIS規格に基づき、厳しい試験に合格し認定を受けた製品を取りそろえております。耐火試験庫内全面に新聞紙を貼り、加熱放冷後、文字が判読できるか。急加熱衝撃落下試験金庫を炉で1090℃に急加熱し、9.1mから落下。施錠されているか。破裂がないか。再度加熱後、庫内の新聞紙が判読できるか。震災でビルが倒壊を想定。建物倒壊や床が抜け、ビルの3階の高さから落ちた場合を想定。(9.1m)金庫が自然に冷えるのを待つ。大火災・震災で消火活動困難を想定。火災発生地震発生JIS:日本工業規格/日セフ連:日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会JIS規格(フレキシブルディスクカートリッジ用)(1T)1時間耐火試験合格(0.5T)0.5時間耐火試験合格(2T)2時間耐火試験合格(1TKS)1時間耐火・急加熱耐衝撃落下試験合格2時間耐火・急加熱耐衝撃落下試験合格(2TKS)JIS規格(一般紙用)1時間耐火試験合格(1T)JIS認証製品とは、第三者機関(登録認証機関)による審査・評価試験を行い、JISマーク表示の認証を受けた製品です。表示のある製品日セフ連規格耐工具試験TS-15合格(TS-15)※TSグレードの金庫は耐火金庫です。防盗金庫には属しません。■JIS規格耐火性能試験合格品適合マーク■日セフ連合格品適合マーク大切なものを火災から守る。耐火金庫は、「火災対策」の性能を持った金庫です。JIS規格に基づき、建物火災を想定し、耐火試験の基準が設けられています。大切な資産、重要書類やデータの保管など、金庫は、目的に応じてお選びください。
右ページから抽出された内容
685セントリーPS/PSG小型耐火金庫CSG/NCW耐火金庫マイスターデータセーフDXUSTJ耐火キャビネットUKCJ※価格には配送運賃は含まれておりません。別途申し受けます。1TKS1T1T2TTS-15耐工具基準米国UL耐火試験に合格。紙はもちろん、デジタルメディア(CD/DVD/メモリーカード)の耐火性能も検証・認定されてる耐火・耐水金庫です。■耐火・耐水金庫データメディア用LookP.693耐火・耐水金庫Sentry(セントリー)を詳しく掲載しております。耐火金庫オフィスセーフCSG/NCW686小型耐火金庫689投入型オフィスセーフPS/PSG(PS)690耐火金庫マイスター692データセーフDX690耐火キャビネットEA/EB/RA691ストロングUKCJ(一部ラインナップは2TKS)687ストロングUSTJ6881TTS-15耐工具基準投入型オフィスセーフPS/PSG(PSG)690耐火キャビネットEA/EB/RA691CSG/NCW型の本体にはベースボード取付穴が標準装備されています。別売のベースボードを取り付けることにより、金庫の持ち去り盗難を防止します。※詳細は当社担当営業までお問い合わせください。金庫ベースボード取付穴ベースボードベースボード基礎芯棒の頭をハンマーで打ち込む裾が広がり基礎に食い込む■持ち去り盗難対応について

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。