OFFICE CATALOG Vol.66 2016 676-677(678-679)

検索結果

  1. サーバラック
  1. 676
  2. 677

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
UCHIDAOFFICEcatalogVol.66676小型で軽量のため搬入、設置が容易です。部門専用のサーバ収納に適した省スペース型のサーバラックです。ワークステーション内での使用を考慮した、小型キャビネットラックです。放熱性と耐震性に富んだ、大型サーバラックシリーズです。19インチサーバ設置環境に合わせて選べるサーバラックシリーズです。19インチサーバLAN用UCORタイプ19インチLAN用サーバ19インチデスクトップEM-2シリーズ(EIA規格19インチラック)68119インチLAN用DNシリーズ(EIA規格19インチラック)683キューブラック(EIA規格19インチラック)680SSLシリーズ68219インチラック用オプション680ITシリーズ(EIA規格19インチラック)678サーバラック・ラインナップ選べるウチダのサーバラック。さまざまな用途・運用方法に対応していただけるように、サーバ用、LAN用、ラックの大きさや機能など豊富なバリエーションをご用意しております。18SERVERRACKサーバラック
右ページから抽出された内容
67718コンセント/ケーブル19インチ用オプションDNSSLキューブラックITEM-2サーバ関連機器ネットワーク関連機器主にネットワーク関連機器を搭載する場合…サーバラックネットワークラックオフィスのデスクLikeなラックシリーズです。主に「据置き型」のサーバ設置に向いています。比較的にシステム規模の大きいサーバラックです。ネットワーク機器を搭載できるLAN用ラックです。UCHIDA2002据置き型…パソコンのような、置き型の機器です。単機能な機能特化型の小型サーバから、Webなどに活用される中・大型サーバなど、さまざまな種類があります。UCHIDA2002小型サーバの種類とサイズについてマウント型サーバ(1Uor2U)マウント型サーバ(3U∼)2U1ULong3U∼10U∼タワー型サーバメーカー、機種によってサーバの種類はさまざまです。搭載予定サーバの奥行き・台数によって、ラックのサイズや奥行きが決まります。ラックの高さ・奥行きの選定方法+約200㎜以上多くのサーバを搭載する場合、ラックの有効高さが機器の総U数×1.5倍以上の品種をお勧めします。※3U以上のマウント型サーバはL型レールなど(オプション)でサポートが必要です。※タワー型サーバは台板(オプション)の上に載せることが多いです。テーブルタイプキャビネットタイプサーバラックマウント式サーバタワー式サーバストレージUPSルータスプライスユニットメディアコンバータスイッチングHUBサーバ関連機器、ネットワーク関連機器のいずれも搭載する場合…デスクトップPC型EIA規格とは?米国電子工業会(EIA)によって定められた、ラックとそこに収納する機器のサイズに関する規格です。機器の幅は19インチ(482.6㎜)で、高さは1.75インチ(44.45㎜)の倍数。1.75インチを1Uと呼ぶ単位で定められています。サーバの奥行きEIA規格では、サーバの奥行きについては決まっていません。サーバの奥行きと配線スペースを配慮の上、ラック奥行きサイズを決定してください。目安は、「サーバの奥行き+200㎜以上」ラックの高さ搭載する機器の総U数がラックの高さ(U数)以内であれば、ラックへの搭載は可能です。目安は、「搭載機器総U数の1.5倍」※ネットワークラックにも適応。サーバの種類・サイズに従い、ラックの高さ・奥行きを選ぶSTEP2搭載予定機器から、ラックのタイプを選ぶSTEP1主にサーバ関連機器を搭載する場合…UCORタイプITシリーズSSLシリーズ19インチラックに搭載する機器の種類、サイズ、数量によってラックの高さ、奥行きを選定する必要があります。以下の手順により今回貴社がご検討されているラックのタイプがわかります。サーバラックサイズ選定のポイント※価格には配送運賃は含まれておりません。別途申し受けます。

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。