AJ チェア 4-5(4-5)

検索結果

  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
53Dメッシュ構造。新しい価値を体現した造形美。3DMeshStructure.Thebeautyoftheappearancetoshowthenewvalue.
右ページから抽出された内容
6356個のセルで構成される3Dメッシュの背もたれが、AJチェアの顔。背面から見える直線的かつ幾何学的なラインを活かした理知的な造形と、側面からの身体をエモーショナルに包みこむような有機的なフォルムは、ワークシーンはもとより、カンファレンスやレセプションなど、あらゆるシーンに調和します。浅香嵩/浅香秋也 デザインスタジオトライフォーム1979年設立。内田洋行のオフィスチェア開発には、代表の浅香嵩が1993年から、浅香秋也が2000年から参画。メーカーのフィロソフィと技術を体現するデザイン開発で活躍。浅香嵩は、日本インダストリアルデザイナー協会理事長を務め、iF賞、毎日インテリアデザイン賞など受賞歴多数。TakashiAsaka/AkinariAsakaDesignStudioTRIFORMEstablishedin1979.TakashiAsakaandAkinariAsakajoinedsince1993and2000respectivelyinUchida'smissionforthedevelopmentofofficechairs.Theyareactiveandspecializeinthedesigndevelopment,whichshowsmaker’sphilosophyandskills.TakashiAsakaactsasthechairpersonofJapanIndustrialDesignerAssociationandhewonmanyawardsinthepastyears,e.g.iFAward,MainichiInteriorDesignAwardetc.AJChairhasaleaningbackin3Dmeshstructure,whichismadeupof356pcsofcells.Youcanseetheintellectualmoldingfullyutilizeslinearandgeometricallinesfromthebackandtheorganicformlikebeingwrappedbyemotionsfromthesideofthebody.Notonlytheworkingplaces,butalsoallenvironmentscanmatchwithit,suchasconferenceandreception.ThedesignerofAJChair

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。