木のこと 10-11(12-13)

検索結果

  1. Chapter02-国産材活用事例
  1. 10
  2. 11

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
国産材活用事例Chapter02地域に根ざした学校として、強くやわらかな感触と木のぬくもりを感じさせる、地元・山陰産の智頭杉材を用いて建設された三刀屋中学校。智頭杉を加工し、家具、腰壁、一部天井材に使用。杉の持つクセを抑えつつ、その良さが存分に活かされた内装となっています。また、普通教室内の机や椅子も木製とし、木の香りに満ちた学習空間になっています。学びの場中等教育島根県雲南市雲南市立三刀屋中学校校舎入口廊下昇降口木のこと10
右ページから抽出された内容
スポットライトプロジェクタースチールパネル杉材ホワイトボード先進的な学習環境の構築に積極的に取り組んでいる滑川中学校。教室内に、プロジェクターなどのICT機器を建築躯体から切り離して設置できるアルミフレームシステム「SmartInfill(スマートインフィル)」を活用しながらも、面材には地元・埼玉県比企郡産の木材を使用。学校らしく、あたたかみのある雰囲気の演出に成功しています。ICT埼玉県比企郡滑川町立滑川中学校普通教室電子黒板SmartInfillとは建物に依存せず、自由に空間を構築できるフレームシステムです。用途に合わせてプロジェクターやモニター、照明を取り付けたり杉やガラスなどの面材を取り付けて空間を仕切ったりすることができます。※「SmartInfill」の詳細はオフィスカタログ2014vol.64「SmartInfill」ジャンルをご覧ください。木のこと11

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。