木のこと 4-5(6-7)

検索結果

  1. Chapter01-木のことを語る
  2. 自治体の現場から
  1. 4
  2. 5

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
 「過去のもの」「かつてのヒーロー」。それが、飫肥杉と出会っ た頃のイメージでした。ボク自身、飫肥杉と深く関わるようになっ たのは、2005 年に商工観光課に配属されてからです。杉に関 わる人を訪ね、その人たちから教わり、飫肥杉の歴史、過去の 栄光を知る、そして、材質としての特徴を知る。こうして、人を知 り、杉を知ることから、取り組みをはじめました。また、デザイナー の南雲勝志さんや内田洋行の方々をはじめとする人との出会い、 「日本全国スギダラケ倶楽部」の活動との出会いも、とても大き なものでした。全国各地で、杉の産地は同じ悩みを持っていて、 悪戦苦闘していること、同時に、オフィスなどで杉がかっこよく使 われているということを知り、飫肥杉にかすかな光と可能性を感 じるようになりました。  2007 年、かつて飫肥林業の繁栄に欠かせない存在であった 堀川運河の新たなシンボルとして、飫肥杉を用いた屋根付き橋 (夢見橋)を架ける計画が持ち上がりました。それは、まちづく り、観光資源としての活用、商業地の入口としての機能など、さ まざまな可能性が詰まっていると感じられるものでした。中でも、 いちばんに考えたのは、子どもたちのこと。まちから杉が姿を消 し、家庭の中でも、杉を目にすることがほとんどなくなってしまっ ている今、この機会に橋づくりのことを勉強してもらうことで、子ど もたちが地域の歴史や文化、杉やまちづくりのことなどにも関心 を持ってくれるのではないかなと。しかし、これを当時在籍して いた商工観光課だけでやるには限界がありました。そこで、全 庁、全市的に橋づくりに関わるために、プロジェクトチーム「飫肥 杉課」を立ち上げました。今年、設立 7 年目になりますが、10の 課から12 名のメンバーが参加し、「飫肥杉を生かして地域を豊 かにする」活動を継続しています。  杉は全国各地にあるものです。だから、どこででもできるよう 飫肥杉との出会い、人との出会い 子どもたちに伝えたい飫肥杉のあるまちのこと 日南らしいものづくり、日南らしい情報発信 河野 健一・かわの けんいち・ 日南市役所 飫肥杉課(飫肥杉を生かして日南を豊かにするプロジェクトチーム) 産業経済部 水産林政課 林政係主査 日本全国スギダラケ倶楽部 飫肥支部 広報宣伝部長 1971年宮崎県日南市生まれ。1990年宮崎県立日南高校を卒業後、日南市役所に入庁。その後、企画調 整課、合併協議会事務局、行政改革推進本部事務局、商工観光課などを経て、2010年より現職。2007 年、地元に飫肥杉製の屋根付き橋が整備される計画がきっかけとなり、市長に飫肥杉課設置を進言。 Profile 飫 肥 杉 が つ な ぐ 人 と 人 今 と こ れ か ら 河 野 健 一 宮崎県 日南市役所 飫肥杉課 KAWANO KENICHI 木のことを語る 自治体の現場から Chapter 01 飫肥杉 木 の こ と4 ・
右ページから抽出された内容
地元でも活動を理解されていないのも実情ですので、今後は もっと学んでもらう、知ってもらう、気づいてもらう機会を増やし ていかなければいけません。  これからのテーマは「『あい』と『笑顔』」です。「あい」という のは、愛情や愛着の「愛」だけでなく、「話し合い」などの「あい」。 「語り合い」「分かち合い」「支え合い」などの「あい」は、人と人 がつながっているんですよね、人とのつながりがないとできない。 そうしたつながりのなかにこそ「笑顔」がある。そこに飫肥杉を置 いてみると、とても想像しやすくなります。杉は、価格も、立場も、 強度も弱い存在。一人で何かをやろうと思っても難しいんです ね。デザインしてくれる人、つくってくれる人、売ってくれる人…い ろんな人が知恵を出し合って、失敗を繰り返しながらやっていか ないといけない。そこで、いろんな「あい」が生まれます。杉をひ とつのツールとして使って、「『あい』と『笑顔』」のある豊かな未来 を、これからの世代に引き継いでいきたいですね。 なものをつくると、わざわざ日南の杉でなくてもいい、地元の杉で つくればいい、ということになってしまいます。「日南の歴史・文 化・風土から来るかたち、日南オリジナルのプロダクトをつくるこ と、日南にちなんだ商品開発が大切」と南雲さんからも強く言わ れており、実際の製品(obisugi design)も飫肥杉らしさや、もと もと日南にあった形を活かしたものになっています。さらに情報 を発信する際には、例えば飫肥杉は、かつては造船材に使われ ていたわけですが、その背景にある情報も含めて発信するという ことを意識しています。情報の伝達が成功しているのか、まだ実 感はありませんが、まず発信する自分たちが思いきり楽しみ、そこ に来てくれている人たちにも楽しんでもらう、そして、それを地元 から発信していくということを大切にしています。  これまでずっと、ものづくりを中心にやってきましたが、今はま ちづくり、市街地活性化にも関わろうとしています。日南は、運 河のある港町が中心市街地ですが、そこを全国どこにでもあるよ うな賑わいのあるまちにするのではなく、写真を見たときに「これ 日南だね」と言われるような場所にしたい。そんなシーンに飫肥 杉をうまく活かしていければと考えています。しかし、まだまだ、 飫肥杉を「あい」と「笑顔」の真ん中に obisugi design/飫肥城址 飫肥杉林 飫肥杉課 発足メンバー 飫肥杉製のマグロ箱 日南市民と木 ・ 念撮影堀川運河 夢見橋 木 の こ と 5 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。