木のこと 表紙2_Forward-1(2-3)

検索結果

  1. Forward
  2. 目次
  1. 表紙2_Forward
  2. 1

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
つい、50年ほど前。山は、その土地の風土や文化、景観、産業、営みとしっかりとつながりあっていました。しかし今、私たちは経済性や効率を求めるなかでそのつながりを忘れかけています。日本の山の4割を占める、植林によって生まれた人工林。これらは、人が育て、手を入れ、木材として使うことで活きてきます。山の豊かさを取り戻すことは、人の暮らしの豊かさを取り戻すこと。木と人と社会の関係を見つめ直し、新しいかたちで再びつながりあうことが必要です。子供たちに、これからの時代に残していきたい豊かな未来のために。木と人と社会をつなぐ、さまざまな取り組みがはじまっています。Forward切る伐採間伐植林下草刈り枝打ち加工家具植える加工育てる建材など家具建材など箸・割り箸紙
右ページから抽出された内容
木のことを語る木育の現場から/自治体の現場から国産材活用事例さまざまな施設での国産材活用のご紹介国産材活用商品国産材の表情を活かした製品のご紹介木のこと1

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。