木のこと 20-21(22-23)

検索結果

  1. Chapter03-国産材活用商品
  1. 20
  2. 21

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
国産材活用商品 さまざまな木目や節をもつ国産材。 そんな国産材の表情を活かしたデザイン で、製品をつくりました。 身近に存在する家具や小物など、さまざま なラインナップで展開しています。 子供から大人まで。 人とつながっていく木のプロダクトです。 Chapter 03 series アオ シリーズ デザイナー(藤森泰司アトリエ / 代表) 1991 年東京造形大学造形学部デザイン学科卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。 1992 年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999 年に藤森泰司アトリエ設立。 家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザ インの分野で活動中。近年は家具的な思考を掘り下げていくことによって、スケールを 問わずにさまざまなデザイン分野へ活動領域を広げている。桑沢デザイン研究所、武蔵 野美術大学、多摩美術大学、東京造形大学非常勤講師も務める。 藤森 泰司 Taiji Fujimori デザイナー 道具は環境から生まれます。「国産材」という括弧付きで捉えることなく、かつ てはそれしかなかったのです。ゆえに私達は、その素材との付き合い方を長い 年月をかけて学んできました。 今、私達の周りには様々な素材が溢れています。そして、何でも選択できる反 面、合理性や利便性という観念にとらわれ、素材との本来的な付き合い方を忘 れてしまっているようにも思います。 国産材をより現代的な視点で捉えること。それは、素材の長所も短所も含め、 気負わずにそのまま受け入れることなのかもしれません。プロダクトにおいても、 国産材で全て完結させようとせず、例えばスチールや樹脂といった他の素材と 自在に組み合わせていくことの方が、私達の日常にすっと馴染んでいくように思 います。 国産材をもっと 自由にすること が必要だと感じています。 国産材を自由にすること。 ● Designer Voice Contents 木 の こ と20 ・
右ページから抽出された内容
国産材活用商品Chapter 03 ○スツール 座面/上部:杉・ひのき集成材・下部:MDF塗装 脚部/スチール丸パイプ、オフホワイト塗装 ○テーブル 天板/杉・ひのき集成材 脚部/スチール丸パイプ、オフホワイト塗装 ○収納 本体/杉・ひのき集成材(仕切板、背板/ポリボード) ○ホワイトボード 板面/ホーローホワイト 板面枠/杉・ひのき集成材 脚部/スチール丸パイプ 仕様一覧 スツールカラーバリエーション みどり おれんじしろ こんあお ao[アオ]シリーズは、さまざまなシーンで使用できる家具のシリーズです。 国産のひのき・杉を使い、大きな面をとった意匠がシリーズ全体の特徴となっています。 また、脚部の形状により、木材でありながら浮遊感のあるデザインとなっています。 学校で、オフィスで、国産材のぬくもりを。 スツールφ330 スツールφ550 テーブル ホワイトボード収納 ※「aoシリーズ」の詳細はオフィスカタログ2014 vol.64「国産材活用家具」ジャンル、教育施設総合カタログ第23版をご覧ください。 木 の こ と 21 ・

このページのトップへ

  • キーワード検索

    • 全て
    • 現在のカタログから
  • マイバインダー

    マイバインダーは空です。